North and Standard Club Logo Lockup

Soon to be
NorthStandard

Standard Club and North are becoming NorthStandard on 20 February 2023. For more information on NorthStandard visit our info page. If you would like more information regarding the changes for Standard Club members and clients click here.

View Russia / Ukraine conflict updates here

ウクライナへのロシア侵攻-用船契約書とカバー問題

News & Insights 25 February 2022

Available in:


本スタンダードクラブメンバーアラートは、ウクライナへのロシア侵攻の結果として海運業界が現在直面している多くの問題のいくつかについて、メンバーに幅広い時事問題ガイダンスを提供することを目的としています。状況が局所的に、さらには港湾ごとにかなりの速度で変化する状況を考えると、賠償責任の観点からの状況は依然流動的で複雑です。したがって、メンバーはこの記事を一般的なガイダンスのみを提供するものとして扱う必要があり、特定の問題や質問に関しては当クラブに連絡を取るようお勧めします。本アラートは2022年2月25日現在の状況を反映しています。

Blue oil tanker

ウクライナおよび/またはロシアの黒海港での積み込みまたは荷降ろしを進めるように指示された船舶の船主メンバー、または船舶に指示した用船メンバーは、英国法用船契約を考慮し、地域の状況が進展するにつれて以下に概説される問題をカバーする必要があります。 

1  戦争リスク

戦争リスクに関する限り、当事者の義務に取り組むことを目的として用船契約に戦争リスク条項を含めることは一般的な方法です。 通常、船荷証券にはそのような条項を含む用船契約条件が組み込まれています。

そのような条項の条件は幅広く異なるため、実際の文言を注意深く調べることが不可欠です。BIMCO(ボルチック国際海運協議会)が直近で推奨する条項はCONWARTIME2013およびVOYWAR2013ですが、これらの旧版も以前使用されており、他にも多くの条項が流布しています。

このような条項は通常「戦争リスク」条項と呼ばれますが、通常その適用は正式な宣戦布告があった状況に限定されません。たとえば、CONWARTIME 2013条項は「戦争リスク」を広く定義しており、ウクライナと黒海とその周辺の現在の不安定な情勢を考えると、余すところなく明確に順序だてて説明するに値します(そしてその幅広さを強調するために下線を付けています):
 

「戦争リスク」には現実の、差し迫った又は報告された: 

全ての個人、団体、テロリスト若しくは 政治的団体、又は承認の有無を問わず全ての国家又は自治領の政府による戦争、 戦争行為、内戦又は敵対行為;革命;反乱;内乱; 準戦争行為;地雷の敷設;海賊行為及び/又は強盗及び/又は拘束/略奪(以下「海賊」という);テロ行為; 敵対行為 又は害意ある損壊; 封鎖 (すべての船舶に対するもの、特定の国籍又は特定の所有の船舶に対するもの、又は特定の貨物、乗組員に対するものその他いかなる態様のものかを 問わない )であって、船長又は船主の合理的判断において、本船、貨物、乗組員その他本船上の人物に対しリスクであるか、又はリスクとなる 恐れがあるもの。
 

戦争リスク条項は当事者にどのような権利を与える可能性がありますか?

どちらの当事者にも、用船契約を最後として扱う権利がありますか? この場合も先と同様に、契約の取消条項の文言、およびそのような権利が発動されるかどうかによります。

航海用船契約の場合、通常、戦争リスク条項には特定の状況で解除する権利が含まれます。たとえば、VOYWAR 2013では、船長および/または船主の合理的な判断において、航海の遂行により船舶が広く定義された「戦争リスク」にさらされる可能性がある場合、運送人は契約を解除することができます。これは客観テストであり、それが成功するためには、英国裁判所は、船長/船主が意思決定プロセスの証拠を必要とする合理的な判断を下したかどうか、そして船舶が戦争リスクにさらされる「現実的なおそれ」があったことを考察します( Triton Lark号事件 2011年を参照)。現実的なおそれがあるためには、単なる憶測ではなく証拠が必要です。

定期用船では、契約解除権利はそれほど一般的ではありませんが、戦争リスク条項では、船長または船主が船舶が戦争リスクにさらされる可能性があると合理的に判断するいかなる港湾(またはいかなる地域)に船舶が進む義務がないことを規定することがしばしばあります。用船者は、そのような拒否について通知を受ける必要があります。これにより用船者は新しい航海指示を発することができます。 なお、 船舶がすでに危険区域にある場合は、契約上出港する権利を受ける可能性があります。

他の複数の航海用船契約(数量運送契約など)では、契約解除権の影響を慎重に検討する必要があります。文言によっては、契約解除は特定の航海だけでなく契約全体に適用される場合があります。


2.  後発的履行不能

英国法としては、当事者の制御の及ばない予期せぬ事情が発生し、契約の履行が不可能または違法になる、若しくは契約上の義務の性質が根本的に変わる場合、契約は「後発的履行不能」になります。 後発的履行不能の影響(制定されている場合)とは両方の当事者が契約上の義務から解放されることです。 ただし、英国法では後発的履行不能が成功することはめったになく、単なる遅延または 上昇する保険費用、海上運賃、船舶燃料油価格 などの追加費用はほとんどの場合不十分です。

海上運送契約に戦争リスク条項が盛り込まれていることは、問題になっている変化した状況に関する規定を設けている場合、変化した状況によって契約が後発的に履行できなくなる可能性はないため重要です。そのような条項がない場合でも、運送が不可能になっている、または当初の想定とは根本的に異なっているのかに関して事実認定に関する争点が残るでしょう。契約締結時から状況が変わらなければ、契約が後発的に履行できなくなる可能性はありません。

それぞれの事実を綿密に確認する必要がありますが、(たとえば)1回の航海に影響を与える困難が契約全体に根本的に影響を与えることはないため定期用船が後発的に履行できなくなる可能性はほとんどありません。ただし、航海用船契約または船荷証券では状況が異なる場合があります。
 

3. 安全な港

関連契約が定期用船契約である場合(または関連契約に特別な安全な港湾の保証が含まれている場合、または船積港/荷揚港に関するオプションが含まれている場合)、港湾の安全性の問題が発生します。

優れた船舶操縦術では避けられない危険にさらされることなく船舶が港湾に到着し、利用し、そこから戻ることができる場合にようやく船舶が港湾に指示されることは、黙示(そしてしばしば明示)条項であることはよく知られています。 これは、港湾が安全である問題だけでなく港湾へのルートの安全性の問題でもあることを意味します。たとえばアゾフ海を通ってマリウポリに接近する場合に特に関係する航路です。

安全でない港湾に進むように命令が出された場合、または命令が出された後に状況が変化し、その後港湾が「安全でない」状態になった場合、船長/船主は指示を拒否して新しい命令を求めることができます。 命令が遵守され、港湾の安全が確保されていないために損失が発生した場合、用船者は損害賠償の責任を負わされます。

それはすべて非常に単純に聞こえますが、命令を拒否する決定は非常に慎重に検討する必要があります。港湾が安全であることが判明した場合、拒否は不法であり船主は損害賠償の責任を負わされる可能性があります。港湾が安全でないとされるには、合理的な船主がそれらの命令を拒否するのに十分な危険がなければなりません。
 

4. フォース・マジュール(不可抗力)

不可抗力条項は、どちらかの当事者の制御を超えた典型的な種類の出来事であると思われる、進展的かつ敵対性質を持つ出来事によって引き起こされることがあります。 

従来、不可抗力条項は用船契約よりも販売契約に関連性があると見なされることがよくあります。ただし、ますます多くの用船契約に不可抗力または用船契約書(Shelltime 4)(27条および「戦争行為」を参照)などの何らかの一般的な免責条項が含まれるようになり、最近BIMCOは時宜を得た 不可抗力条項2022を公開しました。 

したがって、メンバーは用船契約の不可抗力条項または一般的な免責条項(以下、まとめて「不可抗力条項」と言います)を注意深く見直す必要があります。

留意すべき一般的な点は次のとおりです。

  • 出発点は、不可抗力条項(存在する場合)が「戦争(宣言または非宣言)、準戦争行為、反乱、革命または国内闘争、海賊行為、内戦または敵対行為」などの関連する引き金を指すかどうかです。 これはBIMCO不可抗力条項から選び取られていますが、NYPE 1946、1993、および2015フォーム等、すべての用船契約には明示的にまたは全く一般的な免責条項があるわけではありません。 明示的な参照があり、その時点で関連のある事実に応じて施行の可能性が高くなります。
     
  • たとえば、「戦争」または「準戦争行為」の発生により当事者は義務を遂行できなくなりましたか? 当事者が発生がない場合でさえ履行できなかった際に、出来事が不可抗力条項範囲内であっても当事者が言い訳として不可抗力に依存する可能性は低いです。 
     
  • 立証責任は次の事実を証明するために免責に依存しようとする当事者にあります:
     
    • 条項に記載されている出来事(例:戦争行為)と履行不能との因果関係、および
    • 出来事の影響は代替手段では克服もしくは回避することができなかった。 当事者が代替手段によって出来事の影響を緩和できる場合、不可抗力を有効な自衛権として利用する当事者の能力を損なう可能性があります。 
       
  • 不可抗力条項に依存しようとする当事者は通知要件に厳密に準拠する必要があります。 これが履行されない場合は、他のすべての要素が満たされている場合でさえも不可抗力に依存する当事者の能力を損なう可能性があります。 


5.  就航範囲

上記に加えて、一部の用船契約では、たとえば「戦争委員会連合(JWC)および/または船体H&M保険引受人によって宣言された戦争または準戦争地帯」に船舶を指示することを用船者に明示的に禁止する就航除外を含む場合があります。

船主が 既に合意された用船契約制限外での就航指示 に同意した場合、用船者が船舶に指示する港湾/停泊地の安全性に関する用船者の義務は残ります。

追加保険料が支払われる場合があることも記憶しておいてください。通常これは用船者が支払うものとされます。


6.  制裁条項

多くの条項には、さまざまな制裁当局によって実行される制裁措置に応じて当事者の権利を指定する制裁条項も含まれています。米国、英国、EU当局によって発表された最近の制裁措置を受けて、用船契約の制裁条項を見直し、メンバーが追加権利を保有しているかどうか、または上記の問題の分析(たとえば、後発的履行不能もしくは不可抗力)が制裁条項規定の影響を受けているかどうかを判断する必要があります。


7.  履行すべき行動

  • ウクライナとロシアでの紛争の観点からだけでなく、発令された指示や受けた指示の観点の両方から、展開する事実に照らして明示的な権利、義務、救済措置を決定するために契約を見直します。 上記で潜在的に関連する問題の概要を説明しましたが、各契約は独自に見直す必要があります。 
     
  • 通知要件には特に注意を払い、不可抗力出来事など要求されている程度に用船契約を提供する必要があります。 そうしないとそのような自衛権を発動する能力に深刻な影響を与える可能性があります。
     
  • 行われた決定の影響を緩和するための合理的な対策を講じます(および文書化します)。これらの対策は無駄だと判明する場合がありますが、たとえば不可抗力による自衛権が成功する場合、依然として不可欠である可能性があります。


8.  カバー

メンバーは、戦争リスク(戦争自体、その他敵対行為やテロ、占拠、いわゆる「兵器」の使用を含む)から生じる責任は通常P&Iカバーから除外されることにご注意ください。 ただし、インターナショナルグループを通じて、スタンダードクラブはメンバーの根本的な戦争リスクの再保険超過分を保険適用する戦争リスクを提供します。 船舶価値または5億ドルのいずれか少ない方を超過して適用し、5億ドルの限度があります。

ただし、スタンダードクラブの戦争リスククラスは、第一船体と機械を提供でき、P&I戦争リスクはすべてのスタンダードクラブメンバーに相互に保険が適用し、さらに定額保険料戦争リスクは非メンバーに対して保険が適用されます。

船舶戦争リスクには、戦争、内戦、革命、反乱、暴動、国内闘争、または交戦勢力による敵対行為もしくは交戦勢力に対する敵対行為によって引き起こされた物的損害または損失、雇用の喪失、拘留およびけん制の費用 が保険対象です。 限度は船体価値です。 

一次P&I戦争リスク保険は、船体価値に関係なく、最大5億ドルの戦争から生じる負債に対するP&I保険を提供します。

または、シンガポールに繋がりのあるメンバーは、当クラブのシンガポール事務所から管理されているSingapore War Risk Mutualを通じて一次戦争リスク保険契約を取得することもできます。

メンバーは、一次戦争リスクカバーと超過戦争リスクカバーの両方に、ロシア、 米国、英国、フランス、中国である「5大国」の2国間またはそれ以上の国の間での戦争の発生時に(宣戦布告があるかどうかにかかわらず)保険契約が「自動終了」する特別な規定が含まれていることにご注意ください。 現在のところ、ウクライナでの紛争はロシアとウクライナ自体の間でのみ発生しており、米国、英国、フランス、中国側には直接の軍事的関与はありません。 その結果、この情勢が続く限りメンバーの第一次戦争リスク保険契約と超過戦争リスク保険契約は依然として有効です。 ただし、他の5大国のいずれかの軍事力が、ウクライナでのロシアに対する敵対行為に直接関与するようになった場合、状況は変わる可能性があります。


9.  ストライキ&遅延

「ストライキ&遅延」保険契約を当クラブで取得している、または現在ウクライナ港湾やアゾフ海のいかなる港湾に航行している船舶を所有しているメンバーは、航行の制限、港湾閉鎖、ウクライナ港湾での貨物業務停止、または主要なウクライナのインフラストラクチャの破壊により遅延するリスクがあります。その場合、当クラブがメンバーの利権回収について助言できるように、メンバーはできるだけ早く当クラブに通知する必要があります。

それまでの間、メンバーは当クラブの「ストライキ&遅延」規則、特にそれを規定する規則4.3に注意する必要があります。 「規則3.2に規定されている場合を除いて利権回復はありません・・・戦争、内戦、または交戦勢力による敵対行為もしくは交戦勢力に対する敵対行為の結果として生じた損失に関しては・・・」。 言い換えれば、遅延が戦争または交戦勢力による敵対行為もしくは交戦勢力に対する敵対行為によって引き起こされたと仮定すると、メンバーは以下に説明するように戦争リスク補償契約を特別に購入しない限り利権回復することができなくなります。 

戦争や準戦争または敵対行為によって引き起こされる遅延は、「ストライキ&遅延」保険契約が満たすように応じたリスクです。  具体的には、「ストライキ&遅延」規則は以下によって引き起こされる船舶の遅延にまつわる損失に対する保護を提供します。

  • 規則3.2に基づく陸上での出来事に関して、「戦争、内戦、または交戦勢力による敵対行為もしくは交戦勢力に対する敵対行為、敵対行為の過程で使用される戦争兵器、およびあらゆる 海賊行為」、および
  • 規則3.34に基づく船上関連の出来事に関して、 「戦争、内戦、または交戦勢力による敵対行為もしくは交戦勢力に対する敵対行為、敵対行為の過程で使用される戦争兵器。または、敵対行為の過程での捕虜、制圧、逮捕、拘束または拘留、およびその結果またはその試み。ただし、そのような行為または押収、要求(所有権または利用のため)、船舶が所有または登録されている国の政府または公的地方自治体による、またはその命令による差し押さえまたは収用を除く、および通常の司法手続きの実施、担保不提供、または罰金の支払いの不履行または経済的原因を除く」


入国条件に従い、たとえば1日または2日の控除対象を含み、いずれの場合の事実を確認することを条件として、メンバーはウクライナまたはロシアの黒海港湾での事件から生じる遅延費用を完全に回収することが可能であり、船舶運航者が収益を保護するのに役立ちます。 

最後に、一次戦争危険保険および上記コメントと同様に、5大国と呼ばれる2国間またはそれ以上の国の間で戦争が発生した場合(宣戦を布告されているかにかかわらず)、カバーは自動終了条項(規則9.11)の対象となります。

カバーに関する質問がある場合、メンバーは当クラブに連絡を取るようお願いします。

 

カテゴリ: Cover Including Discretionary Claims, Defence, Maritime Security, Strike & Delay, Ukraine / Russia, War Risks

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.