View Russia / Ukraine conflict updates here

船員幸福度指数(SHI)2021年第4四半期は意気消沈し、ストレスを感じ、欲求不満である労働者の現状を反映

News & Insights 21 February 2022

Available in:


Written by

船員幸福度指数(SHI)2021年第4四半期調査結果には、2021年を締めくくるにあたって、船員の「総合的幸福」が刻一刻と状況が推移する新型コロナウイルスに対する国際的な対応とどのように密接にかかわっているかが示されています。

船員幸福度指数(SHI)2021年第4四半期は意気消沈し、ストレスを感じ、欲求不満である労働者の現状を反映

船員幸福度指数(SHI)2021年第4四半期調査 結果 には、2021年を締めくくるにあたって、船員の「総合的幸福」が刻一刻と状況が推移する新型コロナウイルスに対する国際的な対応とどのように密接にかかわっているかが示されています。移動が解禁される中で楽観的な見方が強まり、感染数が上がり移動禁止が高まると、それに応じて恐怖心やフラストレーションが反映されてきます。

第4四半期SHI報告書は、全体的な平均スコアが10点満点中6.41点であり、第3四半期の6.59点から低下しました。これは、意気消沈し、ストレスを感じ、欲求不満を感じている労働者の現状を反映しています。

新型コロナウイルスの世界的大流行が始まった時、世界は人々の安全の確保、そして新型コロナウイルスに関する制限を補完しながら大きな混乱を伴わず生活を続けることを可能にするモデルを実践するための対策の適応と採用に少し時間がかかりました。

海運業界はさまざまなレベルの成功で同じことをするのに苦労してきました。乗組員交代は最初に行き詰まり、安全な通路を確保した少数派は、「病気をもたらす者」と見なされたり、「あらゆる港湾でさまざまな港湾当局によってのけ者のように扱われた」という経験を繰り返しました。

国際的報道機関がスエズ運河の封鎖を取り上げたため、海運と船員の重要性が再び脚光を浴びました。世界貿易の遅れの影響と海運業界によって可能になる驚異的な潜在的損失/利益にもかかわらず、その封鎖は世界中の船員にキーワーカー/エッセンシャル・ワーカーの地位を与えるのに十分な勢いを得ませんでした。

最近の一連の出来事により、船員はリスクと報酬の水準に疑問を投げかけるようになりました。

小規模な不当な処置や欲求不満から人生やキャリアを変える実現まで、多くの人が深く根強い絶望と怒りの感情を表しています。航海を完了したら船員の仕事に戻ったり海事内で他の役割を求めたりしないだろうと述べる回答者の数が増え続けています。これは、業界が近い将来に交代乗組員の不足と船員の枯渇を予測するべきであることを意味する可能性があります。

海上での生活が改善され、船員は認められ彼らにふさわしい尊敬を得ない限り、船乗りは決して任務に戻らないかもしれません。

当クラブは今後、第4四半期の結果を分析し、船員の現状とその影響を把握していきます。引き続き当ページにご注目ください。  

スタンダードクラブのロスプリベンション部門は、 船員の福祉向上のために尽力しています。その実践の証しとして、当クラブは 乗組員の健康と乗組員交代に関する ネプチューン宣言に署名しており、さらに ミッション・トゥー・シーフェアラーズによる報告書である 船員の幸福度指数も後援しています。

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.