View Russia / Ukraine conflict updates here

2023年1月1日よりインド洋のハイリスクエリアを撤廃

News & Insights 25 August 2022

Available in:


ンド洋の海域における海賊行為の脅威が大幅に減少したことにより、国際海運団体は、2022年10月31日に開始予定のIMO海上安全委員会(Maritime Safety Committee)(第106回海上安全委員会:MSC-106)の次回会合に通知を提出しました。

添付した 提出書類によると、 2023年1月1日の 00:01協定世界時(UTC)よりインド洋のハイリスクエリア (HRA) を撤廃することが決定されました。

インド洋での海賊行為に関連した事...

Man with safety helmet on deck

ンド洋の海域における海賊行為の脅威が大幅に減少したことにより、国際海運団体は、2022年10月31日に開始予定のIMO海上安全委員会(Maritime Safety Committee)(第106回海上安全委員会:MSC-106)の次回会合に通知を提出しました。

添付した 提出書類によると、 2023年1月1日の 00:01協定世界時(UTC)よりインド洋のハイリスクエリア (HRA) を撤廃することが決定されました。

インド洋での海賊行為に関連した事件は減少しましたが、イエメンでの紛争や特にホルムズ海峡とペルシャ湾沖において緊張が高まっている状況などが、この海域で運航する船舶に対する安全を脅かす別の要因となっています。

該当する海域で航行するメンバーには、HRAに入る前に、Maritime Global Securityのウェブサイトを参照 し、確実に BMP5の手順 を遵守して船舶が攻撃に備えて補強されているよう手配することを強く お勧めします。

メンバーは、この海域の最新の 米国Maritime Advisory (海事勧告)を参照し、 MSCHOA のウェブサイトで船舶移動を登録し、英国軍がこの地域での存在を認識していることを確認するために UKMTO 宛てに日報を送付し、アデン湾、バブ・エル・マンデブ海峡、南紅海および関連海域を航行する際に 海上警備航路帯(Maritime Security Transit Corridor以下、MSTC を使用することもお勧めします。

カテゴリ: Loss Prevention, Maritime Security

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.