View Russia / Ukraine conflict updates here

記事:問題の大きさは船の大きさに比例

News & Insights 5 January 2022

Available in:


Written by

スタンダードクラブのロスプリベンション(損害防止)副部長であるJohn Dolan船長は、Safety4Seaが掲載した本記事の中で、サプライチェーンの需要とコンテナ船市場の成長およびクレームへの影響について考察しています。

記事:問題の大きさは船の大きさに比例

消費者の需要と高騰する海上運賃

新型コロナウイルスの影響、経済活動の再起動、急増する消費者需要を受けて、2021年を通じてコンテナ船関連のニュースが一面トップを飾り続けました。スペース不足、需要増加、世界的な港湾混雑により、輸送遅延と運賃の高騰が見られました。海上コンテナラインオペレーターは多大な利益を報告しており、船舶トンネージプロバイダーの用船料も高騰しています。スポット運賃と契約運賃はパンデミック前のレベルをはるかに上回っており、上昇し続けています。調査機関のDrewry は、第4四半期の運賃が2021年の第3四半期よりも126%高くなると予想しています。サプライチェーンの機能不全はまだ「回復」段階にあるため、この上昇は続くと予想されます。

出典:Clarksons – Shipping Intelligence Weekly – 2021年10月15日

サプライチェーンの崩壊により、港湾は船舶やコンテナの待機スペースと化しました。利用可能なコンテナ不足が原因となって運賃高騰につながっていますが、輸送する必要のある貨物量の伸びは衰える気配を見せません。貨物運送事業者は、この需要に対して規模を拡大することで対処してきました。

問題の大きさは船の大きさに比例

コンテナ船は、サイズと積載量の両方で現在に至る過程で進化してきました。これは、人口増加や豊かさの向上、経済の繁栄を受けた当然の結果です。2006年では、11,000TEU級コンテナ船のエマ・マースク(Emma Maersk)が世界最大級でした。現在では、2021年に造船された24,000TEU級コンテナ船のアルヘシラス(HMM Algeciras)をはじめとする、20,000 TEU級以上の貿易船も登場してきています。

船舶の規模と海上輸送量が増加するにつれて、特に超大型コンテナ船では、成長と並行して技術的および安全性の課題が表面化してくることは避けられません。船主と保険会社の観点から、主に4つの懸念事項があります。これらは、申告に誤りがあった貨物、火災、航行、および海上でのコンテナ紛失です。

Source: Clarksons – Shipping Intelligence Weekly – 15th Oct 2021

The breakdown in the supply chain has turned ports into parking lots for ships and containers. The lack of available containers has in turn led to the soaring rates, but the growth in goods that need to be transported hasn’t slowed down. Carriers have responded to this appetite by going bigger.

Bigger ships, greater challenges

Container ships have evolved over time both in size and carrying capacity- a natural consequence of growing populations, affluence and thriving economies. In 2006 the 11,000 TEU Emma Maersk was the world’s largest. Today the 2021 built 24,000 TEU HMM Algeciras is not the only 20,000 + TEU vessel trading.

As fleet size and ocean traffic increases, it is inevitable that technical and safety challenges will move in tandem with the growth, especially with ultra large container vessels. There are primarily four areas of concern from the ship owner’s and insurer’s perspective. These are mis-declared cargoes, fire, navigation and container losses at sea.

Read the full article here.

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.