View Russia / Ukraine conflict updates here

相次ぐブラジルからの麻薬密輸

News & Insights 21 February 2022

Available in:


Written by

本ニュース記事は、ブラジルでの麻薬密輸事件の増加についての認識を高めることを目的としています。

Cargo container ship

現地特派員ProindeおよびブラジルP&Iが報告したように、海運業界はブラジルで増加する麻薬密輸事件に取り組んでいます。 2022年1月、海運大手のMSCとMEDLOGが、コンテナ貿易に損害を与える麻薬密売人の脅威が高まっているため、ブラジル全土での国内作業を一時停止すると宣言したことは憂慮すべきことです。

この国は、世界最大のコカイン製造業者であるコロンビア、ボリビア、ペルーに隣接する保護されていない海岸がヨーロッパ、アフリカ、アジアへの麻薬輸送を容易にしているため、違法な麻薬取引の主要な海上のハブとなっています。サントス、パラナグア、ヴィトリア、リオデジャネイロ、ナタール、サンタレンでは警戒を強化する必要があります。

新型コロナウイルスにより、麻薬密売人はタフになり警察の目をかいくぐる創造性を高めました。通常、薬物はコンテナや貨物積込場所に隠されているか、船体に取り付けられます。薬物を隠す別の方法は、検出を回避するために薬物を液体物質と混合することです。現地特派員は、ブラジルで貨物の積み付けの際に違法薬物を密輸するためにばら積み貨物船が使用されるという注目すべき新しい傾向を報告しています。たとえば、コカインはばら積み貨物やボイドスペースに隠されていることがよくあります。麻薬密輸によって生じた結果は、船主と乗組員の両者にとって深刻なものになる可能性があります。

ブラジルの港湾は引き続き国際規則(ISPSコード)の保安レベル1で運用されていますが、メンバーがセキュリティシステムを強化することは必須です。

そのような措置には、CCTV対象範囲、十分に照らされたエリア、通路のセキュリティパロール、および乗船している一人一人の活動の記録が含まれます。疑わしい場合は、水中検査と貨物倉の密閉を強くお勧めします。ほとんどの薬物押収はコンテナの精査と麻薬犬によるものであることに留意される必要があります。 結局のところ、麻薬密輸は船舶がどれほど管理されていないかどうかに絞られてきます。

事件や疑わしい活動は 直ちに 現地当局に報告する必要があり、メンバーはP&Iクラブに連絡して指導と支援を受ける必要があります。

ブラジルMessrsProindeおよびブラジルP&I現地特派員に感謝致します。現地特派員の最新情報は以下の「役立つリンク」で読むことができます。

当クラブはブラジルに寄港する船舶の麻薬事件の増加、補償範囲の立場、および以下にリンクされているメンバーの考慮すべき事項に向けた損失防止手順についてメンバーにあらかじめ通知致しております。

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.