North and Standard Club Logo Lockup

Soon to be
NorthStandard

Standard Club and North are becoming NorthStandard on 20 February 2023. For more information on NorthStandard visit our info page. If you would like more information regarding the changes for Standard Club members and clients click here.

View Russia / Ukraine conflict updates here

USCGが誤申告された廃棄リチウムイオン電池搭載コンテナからの新しい火災事故を報告

News & Insights 21 March 2022

Available in:


Written by

米国沿岸警備隊が、誤申告された廃棄リチウムイオン電池搭載コンテナからの新しい火災事故を報告したことを、メンバーにお知らせします。ロサンゼルス港およびロングビーチ港を管轄する港湾警備隊が2022年3月4日に、ロサンゼルス港およびロングビーチ港のサンペドロ湾の複合港湾施設で輸送用のコンテナが燃えているとの通報を受けました。

Cargo container ship

米国沿岸警備隊が、誤申告された廃棄リチウムイオン電池搭載コンテナからの新しい火災事故を報告したことを、メンバーにお知らせします。ロサンゼルス港およびロングビーチ港を管轄する港湾警備隊が2022年3月4日に、ロサンゼルス港およびロングビーチ港のサンペドロ湾の複合港湾施設で輸送用のコンテナが燃えているとの通報を受けました。箱は中国に向けて航行する船舶に積み込まれる予定で、岸壁で停泊していました。消火活動にはロサンゼルス消防署の消防士 40人が当たりましたが、消火後にコンテナは誤申告されていて、船荷証券には危険性がない「合成樹脂」を運んでいることを示していましたが、実際にはコンテナは火災の可能性が高い危険物である中古のリチウムイオン電池を積んでいたことが分かりました。

予防措置として、沿岸警備隊は港湾当局と協力して、同じリスクをもたらす可能性のある施設内の他の輸送コンテナを見つけて特定しました。利害関係者と協力して、USCGは同じ荷送人に属するコンテナ全てを特定して検査するよう努めました。さらに、すべての貨物が安全規則に準拠していることが検査で確認されるまで、荷送人の貨物の輸送全てを保留しました。

これは米国で2番目に報告された事件であり、2021年8月には中国の港へ向けて輸送のためにバージニア港に向かう途中のトラックで誤申告された使用済みリチウムイオン電池を含むコンテナが発火しました。

船荷証券はコンテナが「コンピュータ部品」の搭載として登録されていたことが原因で、調査の結果、荷送人がリチウム電池、クラス9、国連番号3480及び3481について適切にプラカードでの表示やラベル分類、印付けや梱包をしていなかったことが判明しました。発火原因は残留電荷/完結回路に起因する温度上昇でした。

これらの事件に続いて、USCGは 2022年3月10日に、リチウムイオン電池の火災に関する海洋安全警告を発表しました。 これは以下から閲覧可能です。

リチウムイオン電池は温度と電圧のセーフティウインドウ内で動作します。バッテリーがセーフティウインドウを超えると、可燃性電解液と酸素発生とあいまって熱的に不安定になります。リチウムイオン電池の熱暴走は止められない連鎖反応を引き起こします。ミリ秒以内に急激に温度が上昇し、バッテリーに蓄えられたエネルギーは突然放出されます。このようにして約400℃の温度が発生し、バッテリーがガス状になり、消火活動が非常に困難な火災が発生します。海上の船上で熱暴走が発生した場合のこのような誤申告されたコンテナがもたらす危険性は前例のないものです。

コンテナ内の危険な貨物の不正な誤申告の主な理由は、時間と費用を節約することであり、また不正が見逃されるという見込みが大いにがあるからです。不正行為を行う荷送人には、梱包と数量に関する国際海上危険物規定の制限を回避し、追加の運送業者の危険物取扱い手数料を回避し、運送業者の制限と特定の危険貨物輸送の禁止を無視する意向がはたらいています。

不正行為を行う荷送人がコンテナを誤申告するために採用した手口には、次のものがあります。

  • 貨物の適切な出荷名の代わりに砕けた言い換えを使用する。この場合、廃棄されたリチウムイオン電池の代わりに「合成樹脂」や「コンピューター部品」
  • 出荷のかなり前に船荷証券の下書きを作成し、貨物の説明の差し替えなど、最終的な船荷証券の土壇場での変更を実行
  • 不正なカスタムおよび/または試験的文書の作成
  • 複数の貨物輸送業者を使用して貨物の出所を覆い隠す
  • 予定日間際に予約を行い、運送人に商業的圧力をかける。

メンバーは荷送人に対してデューデリジェンスを実施するように今一度徹底をお願いします。

本人確認を行う手続きは重要です。不正行為を行う荷送人に誤申告した貨物を予約させないために運送業者の予約部門によって本人確認の手続きが実行される 必要があります 。

基本的に、すべての予約オフィススタッフと代理業者は顧客を知り信頼する必要があります。これは、新規顧客とそのサプライチェーンに対してデューデリジェンス検査を行うこと、またはスロットチャーターと貨物利用運送事業者の場合は、彼らが自分の顧客に対してどの検査を使用するかを確認することを意味します。

メンバーは、ペーパーカンパニーがどのように運営されているかを把握しておく必要があります。

ほとんどのペーパーカンパニーは同じ(または類似の)所在地を使用しているため、認められない所在地リストは運送業者が管理しておく必要があります。

「新規顧客」の場合、顧客の身元チェックを綿密に強化する必要があります。検査する重要なポイントは、新規顧客が母国において適切な法人であるかどうかです。商品製造者(顧客でない場合)が特定および検証されているか、および使用されている試験所が信頼でき、顧客または製造者から独立しているかといった点が重要になってきます。

強調するまでもなく、危険物の誤申告を防ぐには予約プロセスの強化、管理、合理化が重要です。これには、自動制御デューデリジェンスソフトウェアによる同義語の一覧の使用が挙げられます。予約オフィスでのすべての非危険物および危険物スタッフのトレーニングも、貨物の誤申告の最初の兆候を見つける鍵となります。

コンテナの誤申告を防止に関する詳細なガイダンスについては、「関連知識とニュース」で閲覧できる2018年3月に公開された当クラブのガイダンスをご参照ください。

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.