View Russia / Ukraine conflict updates here

スタンダードクラブは船員の不満が長期的な問題をため込んでいることを警告

News & Insights 26 January 2022

Available in:


Written by

政府と船長が上陸時間をより多く許可し、船内状態の改善に向けた措置を講じない限り、深刻な船員の雇用と維持確保の危機が迫っています。

スタンダードクラブは船員の不満が長期的な問題をため込んでいることを警告

2021年船員幸福度指数(SHI) の本日(1月26日)の発表は、新型コロナウイルスの悪い影響により、船員の幸福度が史上最低に達したことを示しています。

10項目に渡る重要な質問に対する何千もの匿名の回答に基づく詳細な報告書は、スタンダードクラブとWallem船長の支援を受けて、福祉慈善団体のミッション・トゥー・シーフェアラーズによって四半期ごとにまとめられています。それは、船員の全てが、認識されている低賃金と相まって、すでに膨大な仕事量と上陸時間の不足につながる様々な船上環境のストレスに直面し、ますます意気消沈していることを説明しています。   

「私たちは人員配置の危機に対して何も手を打てていません」 とスタンダードクラブのロスプリベンションディレクターであるYves Vandenbornは警告します。「上陸休暇の欠如、航行期間の不確実性、厳格な新型コロナウイルス検査、および全体的な認識不足のために、この重要な労働者の間で憤りが高まっています。」

過去2年間の国際海事コミュニティの努力にもかかわらず、船員は依然としてエッセンシャル・ワーカーとして指定されていません。「乗組員の健康と乗組員交代に関するネプチューン宣言」に署名したスタンダードクラブは、乗組員交代を促進し、乗組員航行の実行をサポー

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.