View Russia / Ukraine conflict updates here

上海MSA、「船舶の機械故障に関する安全管理強化策」発表

News & Insights 22 July 2022

Available in:


Written by

上海海事局(MSA)は、上海港に出入りする船舶の航行安全を確保するために、機械が故障した船舶に厳しい要件を課し、これは2022年7月1日から2年間にわたって発効すると発表しました。

Woman with safety helmet

上海海事局(MSA)は、2022年7月1日から、2年間にわたって発効し、上海港を入出港する船舶の安全管理確保するために、一定の機械が故障があった船舶に厳しい要件を実施すると発表しました。

当クラブ中国現地特派員(Huatai Marine)からの添付通達によれば、「機械の故障」とは航海中または停泊/離陸の最中で機械またはその補助システムの故障のために船舶操縦能力が制限されている状態を指します。座礁、漁網の絡みなどの外的要因による出力や操舵装置の不具合は含まれません。

機械が故障した船舶は、MSAコマンドセンターに報告する必要があります。

  • 事件発生時に口頭での報告;
  • 船舶が安定して安全な状態になったら、書面による報告書を提出します。および
  • 安全管理証明書(SMC)を保有する船舶に関しては、事故調査と是正措置の策定とは別に、安全管理システム(SMS)の再確認を実施し、報告書をMSAに提出してください。国際安全管理コードに則っていない船舶は、故障原因の説明と航行の安全のための保証状を提出する必要があります。

事実の報告を怠ったり隠蔽した場合、中華人民共和国海上交通安全法第110条に基づく罰則が科せられる可能性があります。

以下の場合、船舶はMSAによる事故調査および安全検査の対象となります:

  1. 機械の故障が航路および警戒水域内で発生する場合。
  2. 上記以外の海域で機械の故障が発生し、修理に2時間を超える場合。
  3. 視界が制限された状態、機械の故障による事故で、管轄内の交通安全秩序に明らかに影響を与える場合。
  4. 上海港湾水域で、12 か月以内に 2 回以上の機械の故障が発生しました。
  5. 12か月以内に、同じ船主、運航会社または管理者が運航する船舶が上海港水域で3回以上の機械の故障に見舞われ、この期間中の機械の故障の累積数は船舶全体の10%を超えています。

上海MSAは、(上記のように)カテゴリー4または5に分類される船舶のリストを管理しています。

上海MSAの満足のいくように不具合が修正されない場合、リストに載った船舶は入港の禁止または港湾から追放される可能性があります。さらに、リストに載った船舶は、上海 MSA管轄下にある水域に入港する前により厳しい要件の対象となります。

上海港に寄港する船舶を所有するメンバーは、上記要件に注意し、それに応じた指導を受けることをお勧めします

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.