船員協会の海上での心身の健康-知的健康状態:海賊行為と船員の準備状態

News & Insights 19 November 2021

This article is also available in other languages:


Written by

船員の心身の健康は、近年、特に新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて、スタンダードクラブ内における中心的なテーマです。当クラブは、船員協会の「海上での船員の心身の健康」プログラムと連携し、27週の期間にわたって役立つアドバイスやリソースをシェアしていきます。

船員協会の海上での心身の健康-知的健康状態:海賊行為と船員の準備状態

このサイクルでは、知的健康状態の向上に焦点を当て、海賊行為や経済的困難など、陸上職員、船員そして彼らの家族が経験する可能性のある難題や問題が発生した場合に講じる対策について説明します。

この記事では、海賊行為という問題に関する資料を共有しています。多くの船員は不意打ちを受ける形で海賊行為に遭いますので、その場合に備え、適切な防御を準備する必要があります。

  • 「SAFETY4SEA」には、 海賊攻撃前、攻撃中、攻撃後に身を守るといった、この点に特化した記事があります。
  • アジア海賊対策地域協力協定(ReCAAP: Regional Cooperation Agreement on Combating Piracy and Armed Robbery against Ships in Asia)は、アジアで発生した海賊行為と船舶に対する武装強盗に対抗するより総合的な ガイド の発行において、海事機関および学術機関とも緊密に連携してきました。
  • スタンダードクラブのSenior Claims ExecutiveであるBrett Hosking氏は、 西アフリカ沖での海事セキュリティ にクローズアップし、ギニア湾での海賊行為との闘いにおける新しい法案や最新の業界動向について、 Maritime Risk Internationalが発行した最近の記事で共有しています。
  • 当クラブ業界専門家は、高リスク地域、海賊や武装強盗事件を回避する方法、この状況に陥った場合の対処方法、クラブが支援できる方法に関するアドバイスを含む多数の記事を掲載し、以下のリンクで共有しています

カテゴリ: Loss Prevention, Maritime Security

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.