ニュース:パラナ川水位低下

News & Insights 6 May 2021

This article is also available in other languages:


当クラブのアルゼンチンにおける登録取引先である(有)Pandi Liquidadoresからは、パラナ川の水位が歴史的に低下しており、引き続き危機的状況にあることが報告されています。

ニュース:パラナ川水位低下

当クラブのアルゼンチンにおける登録取引先である(有)Pandi Liquidadoresからは、パラナ川の水位が歴史的に低下しており、引き続き危機的状況にあることが報告されています。

水位低下により、沿岸警備隊は1日の最大許容出帆喫水および常時保持すべき0.6mの必須余裕水深(UKC)を遵守することの重要性に関し警告を発しています。

船長は、以下の対策を講じることが推奨されます:

出港前に水先人と航海計画を検討するとともに、船舶の操舵性に関連する必要な情報を提供する:および

特定の速度制限を含め通過するエリア内の関連する規制を水先人から入手し、制限水域での船舶のスクワット効果を常に留意する。

National Institute for the Water (INA)が発行した予測によれば、このような低水位状況は今後数週間継続し、五月中旬までにはロサリオ港で中間値+0.85mと、この期間の過去の平均値+3.85mと比較しても異常に低くなることが予測されています。

現在のパラナ川の水位に関する詳細は、当クラブ現地特派員が作成した添付のアップデート資料でご覧いただけます。

Categories: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.