ニュース:ジョージア水域の制限区域への侵入に対する航海罰金

News & Insights 20 July 2021

This article is also available in other languages:


Written by

ジョージアの港への接近が「大統領令No.380」で規制されてから14年がたちます。

Asian ship crew on radio

ジョージアの港への接近が「大統領令No.380」で規制されてから14年がたちます。本大統領令、特に確立された航路境界の横断と分離通航方式を違反した船舶には、引き継ぎ罰金が課せられます。

当クラブでは、ジョージア水域での本大統領令の違反に対して、毎年10から15隻の船舶から罰金が徴収されていると通告してきました。船長には、時として悪天候の下で極度に狭い航路を通過することが求められる一方で、禁止区域へのどのような横断も現地の船舶通航業務(VTS)により厳重に監視されています。ジョージア当局は、たとえ完全に避けられない状況で生じた場合であっても、航行対象外エリア(当クラブの2014年の アラートで明確に強調されています)への進入に特に敏感です。

現地沿岸警備隊により裁決される罰金額は、大まかに船舶のサイズと違反の種類によって基づきますが、第1141条に沿って75,000ジョージアラリ(約24,00米ドル)までにのぼることもあります。そのような航海上の違反で有罪判決を受けた船舶は、罰金の支払いを確実にする目的で、国家行政規則により拘留される場合があります。支払いを怠った船舶は、ジョージア当局により売却される場合があります。結果として、船舶には罰金を支払う以外に選択肢はなく、罰金に異議を唱えても成功する見込みはほとんどありません。

これらの港に入港しようとする船舶のブリッジ担当者には、これら水域を横断する際は慎重な航路計画を立て、高い状況認識を維持し、船舶通航業務と密接に連絡を取り合い、その推奨事項を守ることが求められます。

カテゴリ: Cover Including Discretionary Claims, Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.