View Russia / Ukraine conflict updates here

M/V Pacific Pearl Co Ltd v Osios David Shipping Inc [2022] EWCA Civ 798

News & Insights 22 July 2022

Available in:


Key words: Security/Collision Jurisdiction Agreement (ASG 2 form)

Asian ship crew on oil tanker

   これは、2021年12 月の商事法廷の判決に対するPanamax Alexander(PA)船主 (上訴人) による上訴に続く控訴裁判所の判決です。事実背景を含む、Justice Teare氏による判決に関する当クラブの要約は こちらからご覧いただけます。標準海事弁護士グループ(Admiralty Solicitors’ Group)の衝突管轄権協定(CJA)に従って提供される担保が、主観的に(つまり、受領当事者に対して)合理的である必要があるのか、客観的に合理的である必要があるのかという肝心な問題が残ったままです。 これは、制裁条項を含む提供された求償請求の担保とも関連します。
商事法廷は次のように判示しました。

  1. 原告によって提供された担保は 合理的に満足するものでしたが、
  2.  Osios David船主 (受領当事者) には、CJA の明示条件の下でそれを受け入れる義務はありませんでした。 換言すれば、

控訴において、上訴人は以下のように主張しました:

  1. CJAの真の解釈において、受領当事者は提供された際に合理的に満足する担保を受け入れる義務があり、
  2. あるいは、必要に応じて、合理的に満足する担保を提供した当事者がそれを受け入れるべきであるという契約条項をCJAに黙示的な意思を基礎する必要があります。

これに対して、受領当事者は以下のように主張しました:

  1. CJAは、担保を提供されている当事者に対して、それを受け入れる義務を負わず、
  2.  そのような契約条項を CJA に暗示することは正当化できませんでした。

控訴裁判所はPAの控訴を許可し、以下のように判断しました:

  1. CJAの明確な目的と文言は、合理的な担保が提供されると受領当事者にそれを受け入れる義務があるということ、また
  2. 事業効率のために、これは、合理的に満足する形で担保を提供した当事者がそれを受け入れる必要があるという条件を暗示しますが、これはこの場合には必要ありませんでした。

コメント
要するに、控訴裁判所の判決に従い、CJA形成の文脈において、当事者が 合理的に満足する 担保を提供することに同意し、これが提供された場合、当事者はそれを拒否する前に非常に慎重に考える必要があります。提供された担保が「客観的に合理的」であるとみなされる場合、それを拒否する当事者は契約(すなわちCJA)違反である可能性があります。
この判決は、当事者の権利と義務に関して、契約上の明確な条件に合意することの重要性を再度強調しています。当事者が提供された担保を拒否する権利を持ちたい場合、たとえば、拘留によってより良い担保を得ることができると確信している場合は、明治かつ明確な条件で同意することが望まれます。
さらに、この判決は、制裁条項を伴うクラブLOU が合理的に満足する形での担保であるという事実を再確認しています (これは控訴でも変更されませんでした)。 また、担保に基づく支払いがクラブLOU の制裁条項に該当した場合、担保に基づく義務は終了せず、支払いが行われるまで保留されることも強調しています。 一審判決では、制裁条項内の「あらゆる合理的努力義務を払って」支払う義務(たとえば、規制上の許可またはライセンスを取得する場合)は、事実上「最善の努力」と同じであると認定されました。

  1. 判決へのリンクは こちらから閲覧できます
  2. HFWによる解説へのリンクは こちらにあります。
  3. Reed Smithによる解説へのリンクは こちらにあります。
  4. 商事法廷の判決に関する当クラブの全要約へのリンクは こちらにあります。

カテゴリー: Caselaw

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.