View Russia / Ukraine conflict updates here

国際海事局(IMB)海賊行為と武装強盗に関する報告書2022年第1四半期(Piracy and Armed Robbery against Ships)–2010年以降第1四半期では乗組員誘拐被害は報告なし

News & Insights 27 April 2022

Available in:


Written by

2022年第1四半期には、34隻の移乗、2隻の襲撃未遂、1隻のハイジャックを含む37件の事件が報告されました。23名の乗組員が人質に取られ、4名の乗組員が脅迫されたと報告されています。

この四半期に乗組員が誘拐されたという報告はありませんでしたが...

Cargo container ship

2022年第1四半期には、34隻の移乗、2隻の襲撃未遂、1隻のハイジャックを含む37件の事件が報告されました。23名の乗組員が人質に取られ、4名の乗組員が脅迫されたと報告されています。

この四半期に乗組員が誘拐されたという報告はありませんでしたが、乗組員に対する暴力ならびに脅迫行為は継続しており、船舶は慎重を期して航海を進めるよう求められます。

ギニア湾

2022年第1四半期にはこの地域で7件の事件が報告されました。これは2021年第1四半期に報告された16件の事件と比較し減少しています。事件のほとんどは船舶の停泊中に発生し、犯人は武器で武装しています。この四半期、この地域では17名の乗組員が海賊に人質にされたと報告されました。

これらの海域を通過する船舶は、警戒を怠らず、利用できる手段は全て用いて注意を払い、 西アフリカベストマネージメントプラクティス(BMP WA: Best Management Practice)に示す推奨事項とガイドラインに従うことが推奨されます。

シンガポール海峡

この四半期にこの地域で11件の事件が報告されました。これは、2021年第1四半期と比較して報告された事件がほぼ50%増加しています。全ての事件では、低速での航行中に移乗されたものです。ほとんどの発生は重要性が低い犯罪であるように見えますが、乗組員は引き続き危険にさらされています。2名の乗組員が脅迫され、1名が人質にされたと報告されました。ほとんどの事件では、犯人は銃やナイフで武装しているケースが多く、通航する船舶を狙っていました。

IMBからは、厳戒を要するとの助言が発令されています。この海域を通過する船舶は、常に警戒を怠らず、適切な海賊対策の監視と措置を維持し続ける必要があります。

ペルー、カヤオ停泊地

南米地域は2022年第1四半期に10件の事件を占め、そのうち6件がカヤオ停泊地で報告されました。報告された事件の増加傾向は、過去数年にわたって第1四半期のカヤオ停泊地で目撃されています。

この四半期、4名の乗組員が人質に取られました。報告された全ての事件では、船舶が停泊中に移乗されました。犯人のほとんどは銃またはナイフで武装しており、船舶備品が盗まれました。

この海域を通過する船舶は、常に警戒を怠らず、海賊対策を実施し続ける必要があります。

マカパ停泊地、ブラジル

船舶がマカパ停泊地に停泊中に3件の事件が報告されました。この海域では事件が増加傾向にあります。2件の発生では、犯人は船舶に移乗し銃で武装していると報告されました。報告された事件のうち、1名の乗組員が人質にされ、1名が脅迫されました。

IMBはこの海域は依然としてリスクが残っており、船舶がこの海域を通過する際には警戒を怠らないように注意を促しています。

報告書の全文は以下の添付ファイルでご覧いただけます。
 

詳細については、通常のクラブの連絡先または本稿の著者にお問い合わせください。

カテゴリー: Maritime Security

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.