国際海事局(IMB)海賊行為と武装強盗に関する報告書 2021年第3四半期

News & Insights 22 October 2021

This article is also available in other languages:


国際商業会議所(ICC)の国際海事局(IMB)の報告書「国際海事局(IMB)海賊行為と武装強盗に関する報告書 2021年第3四半期(Piracy and Armed Robbery against Ships for Q3 in 2021)」によると、2021年上半期に報告された事件の数は、1994年以来の低水準であったことが判明しました。

Cargo container ship

国際商業会議所(ICC)の国際海事局(IMB)の報告書「国際海事局(IMB)海賊行為と武装強盗に関する報告書 2021年第3四半期(Piracy and Armed Robbery against Ships for Q3 in 2021)」によると、2021年上半期に報告された事件の数は、1994年以来の低水準であったことが判明しました。97件のインシデントが報告され、そのうち85件は 移乗 、9件は襲撃未遂で、2隻が銃撃され、1隻がハイジャックされました。報告されたインシデントの数の記録的低さにもかかわらず、最新のIMBの統計によれば、乗組員への暴力は継続し、51名の乗組員が誘拐され、8名が人質に取られ、5名が脅迫され、3名が負傷し、2名が暴行を受け1名が殺害されています。報告書では、世界中の多くの地域で乗組員に対する暴力の件数は依然高いままであるため、乗組員は警戒を緩めずにおくよう強調しています。

ギニア湾での件数減

ギニア湾海域では、2021年の最初の9か月で海賊と武装強盗による28件のインシデントが記録されましたが、比べると2020年同期は46件でした。2020年第3四半期を通じ5件の別々のインシデントで31名の乗組員が連れ去られたのに比べると、この海域での乗組員誘拐の件数は低下し、2021年第3四半期に誘拐された乗組員は1名のみでした。2020年第3四半期では誘拐に成功した場所は概ね陸から約100 海里 離れていたのに対し、2021年第3四半期に発生したインシデントはすべて港に投錨中の船に対するものでした。 

IMBによれば、この海域での海賊と武装強盗によるインシデントの 全般的な減少は、海上安全保障と地域と国家当局による緊急時対応調整が強化された証しであるとのことです。より明るい進展のニュースであるにもかかわらず、IMBはこの地域での乗組員のリスクは依然高く、したがってこのような取り組みを今後も継続する必要があると警告しています。 

この海域を通過する船には、常に警戒を怠らず、西アフリカにおけるベストマネージメントプラクティス(BMP WA: Best Management Practice West Africa)を遵守することが奨励されます。

シンガポール海峡での懸念すべき兆候

シンガポール海峡では武装強盗による20件のインシデントが報告されており、1991年以来の最大数を記録しました。シンガポール海峡でのインシデント報告数は2019年のわずか1件、2020年の15件から増加しています。

これらの攻撃の深刻度は低く、場当たり的な性質を持つものです。しかしIMBは加害者が 乗組員 と航行中の 船 を直接的な脅威にさらしたと警告しています。4件のインシデントでは、乗組員は脅迫、暴行を受けるか負傷をしています。

各船とも、海賊対策を実施した上で、警戒を怠ることなく厳重な監視を行うようにしてください。

ペルー沖での懸念

ペルーのカヤオ投錨地は、海賊の活動が活発になっていることが目撃されている海域で、2021年には15件のインシデントが報告され、1991年以来の最高を記録しました。 シンガポール海峡と同様 、これらのインシデントの内60%は、ナイフを用いた危険度の低い窃盗によるものです。この海域での攻撃者は強襲する能力を有しており、2021年の最初9カ月の間に3名の乗組員が人質に取られ更に1名が暴行か脅迫を受けています。すべての 種類の船 が標的とされています。

インドネシアでの改善

IMB PRCは、2021年の 最初9カ月にインドネシア水域で報告されたのは危険度の低いインシデントが6件のみで、2 020年同期の23件のインシデントと比べると 報告されたインシデント の 数 が顕著に減少したと報告しています。これは報告された海賊と武装強盗によるインシデントの合計としては1993年以来最低です。報告書は、インドネシア海洋警察と情報共有したIMB PRCの報告書により実施された方針と積極的な対応策を評価しています。

報告書の全文は以下の添付ファイルでご覧いただけます。詳細については、通常のクラブの連絡先または本 報道記事の著者にお問い合わせください。

カテゴリー: Maritime Security

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.