View Russia / Ukraine conflict updates here

IFCアドバイザリー:インドネシア沖(Tanjung Berakit)停泊地

News & Insights 25 August 2022

Available in:


当クラブは、過去にインドネシア海軍による停泊中船舶の拘留に関する 最新情報 を公開しました。

情報融合センター (IFC) は、Tanjung Berakitの東側での違法な停泊に対する、インドネシア当局による取り締まり活動に関する添付の船舶輸送勧告を発行しました。

2022年1月から7月までの間には、外国籍商船10隻(貨物船5隻、タンカー5隻)が拘束されています。現地当局による調査の結果、指定された停泊地が航海用海図に記載されていない場合もあり、イン...

IFCアドバイザリー:インドネシア沖(Tanjung Berakit)停泊地

当クラブは、過去にインドネシア海軍による停泊中船舶の拘留に関する 最新情報 を公開しました。

情報融合センター (IFC) は、Tanjung Berakitの東側での違法な停泊に対する、インドネシア当局による取り締まり活動に関する添付の船舶輸送勧告を発行しました。

2022年1月から7月までの間には、外国籍商船10隻(貨物船5隻、タンカー5隻)が拘束されています。現地当局による調査の結果、指定された停泊地が航海用海図に記載されていない場合もあり、インドネシア諸島の基線についての把握状況が限られていることが明らかになりました。

したがって、IFCは船舶の停泊前に次の措置を講じることを推奨しています。

  1. 指定錨地に関する情報の取得。
  2. 現地エージェントを任命し、現地の港湾局から許可を取得。
  3. 現地の法律および規制への遵守。

当クラブは、多くの船舶がシンガポールのOPL (港境界線外) 水域から「指令待ち」の指示を出されている事態を把握しています。しかし、シンガポール海峡とマラッカ海峡の海域は必ずしも国際海域であるとは限らず、マレーシア、シンガポールまたはインドネシアのいずれかが領有権を主張することとなります。このような状況下で船舶を拘留から解放することは困難であり、時間のかかる工程になる可能性があります。そのため、当クラブは関連当局から適切な承認が与えられていない限り、指定されていない錨地での停泊を避けるようメンバーに推奨しています。

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.