View Russia / Ukraine conflict updates here

船体価格とP&Iカバー

News & Insights 15 February 2022

Available in:


すべての船主は、海固有の事故や危険から生じる船体の物理的損傷や損失をカバーするために船舶保険がかけられていることを徹底するものです。

船体価格とP&Iカバー

しかしながら、船主は船舶保険契約に基づいた公示価値が最新状態に保たれていることを確認することが、クラブのカバーの観点から非常に重要であることを認識していない場合があります。その結果として、損害が共同海損(規則3.15)または衝突超過責任(規則3.6.4)に対する船舶の割合を補償するクラブの規則に基づくクレームを引き起こす場合、回復の程度に重大な影響を与える可能性があります。

規則3.15に基づき、以下の補償が与えられます。

船体価値が船体の保険契約に基づく保険価額を超える健全価値で評価されているため、船舶保険契約に基づいて回収できない共同海損、特別料金、または海難救助に対する船舶の割合。

規則3.6.4に基づき、以下の補償が与えられます。

メンバーの衝突責任のうち、船舶保険契約の下で回収可能金額を超える部分は、そのような責任がそれらの保険契約での船舶価額評定を超えるだけの理由で発生します。

どちらの規則も、船舶保険契約に基づいて船舶に適切な保険をかけ続ける義務をメンバーに効果的に課すという条件に従っています。各規則の下で、クラブ理事会は回収可能金額を評価する目的で、船舶保険契約に基づいて加入した船舶に保険をかけるべき「適切な価額」を決定することができます。「適切な価額」とは、何ら義務を負うことのない船舶の市場価値を意味します。 

共同海損に対する船舶の割合が懸念される場合、検討の結果、船舶が適切な価額で保険をかけられておらず、より高い価格で保険をかけられるべきであると理事会が判断した場合、クラブはより高い価格で船舶保険契約に基づいて保険がかけられていた場合に船舶保険契約に基づいて回収可能であったであろう金額を超える船舶共同海損の割合のみを支払います。

衝突規則に関する限り、船舶保険契約の補償範囲は常に船舶の保険価額に限定されます。クラブは通常、衝突責任リスクの4分の1または船舶管理会社と別段に合意できるその他の割合を負担しますが、クラブの補償範囲は船舶の保険価額を超える程の責任のため船舶保険契約の下で回復できない衝突責任の割合にも適用されます。  ただし、船舶が適切な価額で保険をかけられておらず、より高い価格で保険をかけられるべきであると理事会が判断した場合、クラブはより高い価格で保険がかけられていた場合に船舶保険契約に基づいて回収可能であったであろう金額を超える船舶衝突責任の割合のみを支払います。 

したがって、メンバーは船舶が適切な価額に対して保険をかけられていないことにより一部保険の掛けられた場合、規則3.15または3.6.4のいずれかの下で回収不足に苦しむリスクを冒す可能性があります。   

理事会は、メンバーが定期的に市況を踏まえて船舶保険契約に基づく船舶保険価額を見直すことを求めているため、市況、したがって価値が変動する場合、年次評価では不十分な可能性があります。

メンバーは、船舶保険契約に基づいて船舶に保険をかける適切な価額を評価するために、定期的に専門アドバイザーに相談することが推奨されます。

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.