ばら積み貨物船でコンテナを運ぶリスクを緩和するためにメンバーをどのようにサポートするか

News & Insights 26 October 2021

This article is also available in other languages:


Written by

月の記事で強調された通り、海運業界では現在、コンテナ貿易の需要が増してきています。

ばら積み貨物船でコンテナを運ぶリスクを緩和するためにメンバーをどのようにサポートするか

月の記事で強調された通り、海運業界では現在、コンテナ貿易の需要が増してきています。その結果、本来の目的のために特別に設計されていない船舶でコンテナを運ぶ可能性について、そしてこれが補償範囲にどのような影響を与える可能性があるかについて、さらに多くのメンバーから質問が出ています。

スタンダードクラブでは、引受業務に対する積極的かつ柔軟なアプローチを重要視しています。可能な限り、リスクを軽減しながら、メンバーが新しく商業的に魅力的な貿易や活動への進出を支援することを目指しています。

一般に、コンテナ貨物用に作られていない船でコンテナ貨物を輸送することは、乗組員、船体そして貨物の安全性に影響を与える可能性があることを考えると、ポリシーに対する「リスクの重大な変化」の因子になる可能性があります。これは、事前の承認を得ず、何らかの問題が発生した場合にメンバーの保険が無効となり、壊滅的な結果を招く可能性があることを意味します。

しかしながら、メンバーが事前にスタンダードクラブと船の旗国および船級協会(クラス)の両方に通知して承認を求めれば、この種の多くの旅程が保険対象になるのは朗報です。

クラスと旗国による承認だけで十分な場合もありますが、アプローチの方法はクラスと旗国のさまざまな組織間で大きく異なる可能性があります。

当社のロスプリベンション担当チームは、ケースバイケースで潜在的なオペレーションを検討できます。チームは、関連する潜在的なテクニカルリスクおよびオペレーショナルリスク、そしてそのリスクを緩和するために使用される対策を評価して、メンバーが解決策を見つけ、継続的な補償範囲を確保するのを支援します。

メンバーの皆様が自身のニーズについて考える手助けとして、 9月の記事 にはいくつかの可能な推奨事項が記載されています。次の提案は、メンバーが独自のリスクを評価するのにも役立ちます。

  • 乗組員は、コンテナ貨物の輸送に精通していますか、および/または専門家ですか?
    • 乗組員がリスクに精通していることを確認するために追加訓練が必要かどうかを検討してください。
       
  • 「商品の誤申告」のリスクはありますか?
    • 荷送人と申告された貨物を精査するための 詳細な「KYC(本人確認)」プロセスが実施されていることを確認します。追加ガイダンスについては、「BetterBoxBooking」の出版物を参照してください。
       
  • 昨年の冬に北太平洋で起こった多くの主要な事故では、コンテナが船外に損失しました。
    • 航海中はウェザールーティングサービス(WRS)の利用を検討してください。
    • 最大安全波高と許容気象条件をPassage Plan(航海計画)に含めることを検討してください。

もちろん、このリストと上記に参照した前回の記事の提案は完全に網羅されていません。このトピックの詳細について、または具体的な支援が必要な場合は、スタンダードクラブの担当者または当社の ロスプリベンション部門にお問い合わせください。

カテゴリ: Cargo, Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.