香港-使用中の燃料油試料採取点に関する法令改正

News & Insights 22 October 2021

This article is also available in other languages:


Written by

メンバーの皆様に、香港政府海事部が2021年商船(大気汚染防止)(改定)規制に関する 通知 を発行したことをご案内します。

Two mooring men

メンバーの皆様に、香港政府海事部が2021年商船(大気汚染防止)(改定)規制に関する 通知 を発行したことをご案内します。

2022年4月1日に施行されるこの改定は、燃料油使用に関する新要件を総トン数400トン以上の船に課すもので、国際あるいは非国際航海に従事しているかにかかわらず、船の使用中の燃料油試料採取点がMARPOL 付属書VIに規定される要件を遵守することを求めるものです。

これらの要件は、最近公開した当クラブの記事「燃料油試料採取と専用採取点についてのガイダンスと合致しています。そのため、メンバーの皆様には、現在の燃料油試料採取手順を見直し、試料が船の燃料サービスシステムからこれらのガイドラインに適合して安全に採取されることを保証することが推奨されます。

カテゴリ: Alternative Fuels, Loss Prevention, Pollution

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.