North and Standard Club Logo Lockup

Soon to be
NorthStandard

Standard Club and North are becoming NorthStandard on 20 February 2023. For more information on NorthStandard visit our info page. If you would like more information regarding the changes for Standard Club members and clients click here.

View Russia / Ukraine conflict updates here

記事: IMO2020とそれ以降:燃料油のサンプリングと指定サンプリングポイントに関するガイドライン

News & Insights 30 June 2021

Available in:


当クラブでは以前、「船上で使用される燃料油のサンプリング(PSC施行基準)」に 関する 記事を掲載しました。

Cargo container ship

当クラブでは以前、「船上で使用される燃料油のサンプリング(PSC施行基準)」に 関する 記事を掲載しました。この記事は、IMOの海洋環境保護委員会(MEPC-74)の第74回セッションの結果に基づき掲載されました。

2020年11月に開催されたMEPC-75会議では、 決議MEPC.324(75)に基づきMARPOL附属書VIの新たな改定案が採択されました。これらの改訂は、2022年4月1日から施行されます。改訂は、燃料油のサンプリングポイントに関する新たな要求事項と、硫黄含有量を検証するための燃料油のサンプリング方法の概要を紹介しています。
 

燃料油サンプル

基本的に、IMOのガイドラインで定義されている燃料油サンプルには3種類あります:

  • バンカー作業で船に納入された燃料油のサンプル、すなわち、 「MARPOL納品サンプル」 (MEPC.182(59))
  • 船舶で使用されている燃料油のサンプル、すなわち、 「使用中サンプル」 (MEPC.1/Circ.864/Rev.1)
  • 使用予定の燃料油、または使用のためタンクに入れて運ばれる燃料油のサンプル、すなわち、. 「船上サンプル」 (MEPC.1/Circ.889)

上記の法定サンプルに加えて、メンバーは、ISO 8217に準拠した物理的および化学的特性を確認するために、バンカー作業中に 「商業サンプル」の収集が必要となる場合があります。これらのサンプルは一般的に、受け入れ船舶のバンカーマニホールドに設置されたサンプリング装置によって任意の形で採取されます。


サンプリングポイントの指定

「使用中サンプル」の採取を容易にするため、2022 年 4 月 1 日以前に建造された船舶は、2023 年 4 月 1 日以降の最初の IAPP 更新調査までに、サンプリングポイントを指定するか、または必要に応じてサンプリングポイントを取り付けることが求められます。2022年4月1日以降に建造された船舶については、引渡し時にサンプリングポイントを設置し指定する必要があります。

これらの要件は、低引火点燃料、すなわち引火点が60℃未満の燃料用の燃料油サービスシステムには適用されません。

当クラブのガイドライン

メンバーの皆様には、これらのガイドラインに適合して船舶の燃料供給システムから安全にサンプルを採取できるように、燃料油のサンプリング手順を見直すことをお勧めします。船の乗組員は、上記の要件を認識し、自分の船固有のシステムに精通していることが不可欠になります。

さらに、メンバーの皆様には、改訂が発効するまでの間、IMOは加盟国に対し、MARPOL附属書VI燃料油サンプルの検証手順(規則18.8.2または規則14.8)に関連する改訂を発効前に適用するよう要請するサーキュラー(MEPC.1/Circ.882)を発行していることにもご留意ください。そのため、ポートステートコントロール(PSC)の検査官が、この暫定期間中にサンプルを採取する場合があります。

その場合、サンプルは適切な容器に採取され、使用中または使用予定の燃料油を代表するものである必要があります。サンプル瓶は、船舶の代表者の立会いのもと、検査官が固有の識別手段を取り付けて封印する必要があります。ラベルには以下の情報を記載する必要があります:

  • サンプルが収集されたサンプリングポイントの位置;
  • 船舶燃料納品書(BDN: bunker delivery note)MARPOL付属書VIの付録Vで要求される情報に従うサンプリングされた燃料油の詳細;
  • サンプリング日および港;
  • 本船の名称とIMO番号;
  • 封印識別の詳細;および
  • 検査官および船舶の代表者の署名と氏名。

船舶側は、複製したサンプルを保管し、サンプルログに適切に記録することが推奨されます。
 

当クラブのカバー

メンバーの皆様には、低硫黄燃料規制やその他のMARPOL違反に起因する罰金をクラブがカバーするかどうかは、厳密には当クラブの裁量であることにご留意ください。取締役会は、最も例外的な状況を除いて、環境犯罪に対する負債や罰金の払い戻しを一切認めないという姿勢を考慮する権利を有します。

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.