バランキージャにおける史上最低ラインの喫水制限

News & Insights 25 November 2021

This article is also available in other languages:


Written by

現地特派員であるA&A Multriprimeから、バランキージャでの現在の非常に低い喫水制限について報告を受けました。

Asian ship crew on oil tanker

現地特派員であるA&A Multriprimeから、バランキージャでの現在の非常に低い喫水制限について報告を受けました。

激しい雨季とマグダレナ川の通運可能な水路全長の堆積厚の増加により、バランキージャに出入りする船舶の喫水制限は、過去最低の数値に引き下げられました。現地海事当局であるDIMARは、最大許容喫水制限をわずか6.2 m(船舶全長180mまでの場合)および6.6.m(船舶全長200mまでの場合)に決定しました。

港湾当局は状況の是正に取り組んでおり、浚渫作業が進行中でした。これらは最近一時停止されましたが、まもなく再開される予定です。 それまでは、上記喫水制限を超えた場合、船舶の出港または入港は許可されません。

バランキージャに寄港するメンバーは、座礁を避けるように注意する必要があります。座礁のリスクを軽減するために、船長は次のことを実行することをお勧めします。

  • 最新の現地海底地形図の所有
  • 船舶代理店に最新の承認喫水の数値の再確認
  • 可能な場合、日中に入港
  • 運河を通過する際に音響測深器の使用
  • ブリッジにいる航海士が常に水先人と密接に連絡を取りあっていることを確認。

メンバーの皆様方においては、現地代理人に最新の情報をご確認いただくようお願いいたします。このウェブ警報に関してご不明な点がございましたら、普段の事故申請処理担当までお問い合わせください。

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.