中国の嵐山港(Lanshan)の養殖場の請求

News & Insights 17 December 2021

This article is also available in other languages:


Written by

近年、当クラブは中国の養殖場付近を航行する船舶に関連する事例発生件数が増加しているのを確認しています。

Two mooring men

近年、当クラブは中国の養殖場付近を航行する船舶に関連する事例発生件数が増加しているのを確認しています。事例は山東省の嵐山港と濰坊港で報告されています。

事例の内容としては、養殖場に損害を与え、場合によっては船舶の推進機や舵にも損害を与えたというものです。

添付の配布文を提供してくれた現地特派員Huatai Marineに感謝致します。これらには、嵐山港沖の養殖場の位置情報と、問題の海域を通過する際の安全航行に関するガイダンスが掲載されています。

私たちの調査から明らになっていることは、養殖場はレーダー反射器標識や照明施設ではっきり識別化されておらず、特に夜間や視界不良の際に発見するのが難しいということです。

このような状況では、これらの養殖場を回避する最善の方法は、海図上に該当する場所を印すことです。メンバーは、船員が航行警報、現地船舶代理店、地方自治体、当クラブ特派員を通じて養殖場の位置情報の全てを確実に収集するように求められます。問題のエリア通過前に、情報を収集して海図に記すことが非常に重要です。

以下を推奨します:

  1. 船舶代理店、地方自治体、航行警報からの情報を収集し、海図上に養殖場の位置を印す
  2. あらゆる手段を講じて十分に監視をする
  3. 可能であれば、日中の見通しの良い状態で該当エリアを通過するようにする
  4. 安全な速度で航行する
  5. 該当する養殖場付近で操業している可能性のある漁船のために広い間隔を維持する
  6. 養殖業のすぐそばで停泊しない

詳細については、以下のリンクをご参照ください。

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.