コロナ –空路による米国入国の要件

News & Insights 2 November 2021

This article is also available in other languages:


Written by

アメリカ政府は、 「A Proclamation on Advancing the Safe Resumption of Global Travel During the COVID19 Pandemic (コロナ禍における国際渡航の安全な再開を進めるための布告)」を発行し、コロナウイルスの米国内への流入ならびに国内全体への拡散、蔓延の防止に必要な健康および安全プロトコルが整備されている場合、米国への安全な海外渡航の再開を進めると発表しました。

コロナ –空路による米国入国の要件

アメリカ政府は、 「A Proclamation on Advancing the Safe Resumption of Global Travel During the COVID19 Pandemic (コロナ禍における国際渡航の安全な再開を進めるための布告)」を発行し、コロナウイルスの米国内への流入ならびに国内全体への拡散、蔓延の防止に必要な健康および安全プロトコルが整備されている場合、米国への安全な海外渡航の再開を進めると発表しました。

ホワイトハウスは、 こちらから入手できる概況報告書を発行しました。

2021年11月8日より、米国への全ての非移民、非市民の空路旅客は、米国行きフライトへの搭乗前に、コロナワクチン接種を完了し2週間(14日)以上が経過しており、ワクチン接種証明を提示する必要があります。

全ての渡航者は、以下の試験要件に従う必要があります。

  • ワクチン接種完了: コロナに対する認められるワクチン接種証明を提示した場合、外国からのフライト出発前 3 以内に検体採取したコロナウイルス検査を実施する必要があります。
  • ワクチン接種未完了: コロナに対する認められるワクチン接種証明を提示しない場合、外国からのフライト出発前 1 以内に検体採取したコロナウイルス検査を実施する必要があります。

ワクチン接種未完了の船舶乗務員は、C-1またはDの非移民ビザを所持して移動する場合、これらの条件適用から除外されますが、次の要件に準拠する必要があります。

  1. 過去90日以内コロナから回復したことを示す書類を提示しない限り、米国入国3〜5日後にコロナ ウイルス検査 を受ける。
  2. 過去90日以内コロナから回復したことを示す書類を提示しない限り、入国後の検査結果が陰性であっても、丸7日間は 自己隔離 すること。および
  3. 入国後の検査結果が陽性の場合、またはコロナウイルス感染の症状が出る場合は、 自己隔離 すること。

米国での検査と予防接種の要件の詳細については、以下のリンクをご覧ください。

カテゴリー: COVID-19

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.