View Russia / Ukraine conflict updates here

判例法:The Eternal Bliss:滞船料は、レイタイム(停泊期間)内に貨物の揚積み作業を完了できなかったために生じた損害について、用船者に対して利用できる唯一の救済手段

News & Insights 23 November 2021

Available in:


Written by

K Line Pte Limited v Priminds Shipping(HK)Co Limited(The Eternal Bliss)[2021] EWCA Civ 1712において、控訴院は商事裁判所の決定を覆し、用船者に特別の定めのない限り、合意された料金は許可されたレイタイム内に用船者が貨物の積み揚げおよび/または積み降ろしを完了できなかったために損失が発生した場合に船主が利用できる唯一の救済手段です。

Asian ship crew on radio

K Line Pte Limited v Priminds Shipping(HK)Co Limited(The Eternal Bliss)[2021] EWCA Civ 1712において、控訴院は商事裁判所の決定を覆し、用船者に特別の定めのない限り、合意された料金は許可されたレイタイム内に用船者が貨物の積み揚げおよび/または積み降ろしを終了できなかったために損失が発生した場合に船主が利用できる唯一の救済手段です。

背景

The Eternal Bliss は、数量輸送契約(COA)に従ってブラジルから中国に大豆の貨物を運びました。 COAは、レイタイムを超えた場合、滞船料は日割りで(または1日の一部に比例して)支払われることを規定しました。

陸揚げ港に到着すると、船混みと陸上の倉庫スペースの不足のため、船舶は停泊地で31日間待機しました。 荷揚げ時に、遅れが出た事により、貨物の状態が劣化していることが判明しました。 荷受人は、損傷した貨物に起因する損害について船主に対して損害請求を行いました。

船主は、COAで許可されたレイタイム内に荷揚げを完了できなかった場合の損害賠償として、荷受人の損害請求を解決し、仲裁において用船者から発生した金額を回収しようと試みました。 用船者はそのような損害の支払いを拒否し、許可されたレイタイムを超えた荷揚げ時間が発生した場合に船主が求償できる唯一の救済手段は滞船料であると主張しました。

船主および用船者は、1996年仲裁法第45条に基づいてこの問題を決定するよう商事裁判所に要請しました。

商事裁判所の判決

商事裁判所で、アンドリュー・ベイカーJは船主に有利な判決を下しました。 そうすることで、裁判官は滞船料の概念の余地について注意深く考え、滞船料率は「返却延滞による船主の損害賠償請求に対して義務を負わされた当事者によって合意された措置を提供するが、そのような請求の根拠が何であれ、さまざまな種類の損害請求を評価したり、それに影響することを求めない」と結論づけました。

 裁判官はさらに、反対の結論に達した ボンデ(The Bonde) での1991年商事裁判所の判決を検討しました。 裁判官は、 ボンデ(The Bonde) が誤って判決されたとの見解を取り、それに従うことを拒否しました。

用船者は上訴しました。

控訴院の判決

控訴院はアンドリュー・ベイカーJの判決を覆し、用船者に有利な判決を下しました。  Males LJ(裁判所の判決を申し渡した者)は、滞船料は、 「用船者の用船の違反により生じた損害の一部だけでなく、レイタイム内に荷役作業を完了できなかったために生じた損害全体を清算する。 したがって、船主が遅延から生じる滞船料に加えて損害賠償を回収しようとする場合、それは別の義務に対する違反を証明しなければならない」と結論付けました。

控訴院は、滞船に関する条款に合意する場合、当事者は用船者の遅延の結果として被る予想貨物収入の損害を恐らく主に検討していると認めましたが、これは滞船がそれに限定されることを意味しないと裁定しました。 控訴院は、滞船料率は予想貨物収入の損害が1つの要因にすぎないという当事者間の交渉の結果であると言う方がより正確であると判断しました。

さらに、控訴院は、滞船料が一部の種類の損失に関連しているが他の種類の損失には関連していないとみなされた場合、特定の損失が滞船料に関する条款の対象となる種類であるかどうかに関して必然的に論争が起こるであろうと結論付けました。  したがって、控訴院の推論の一部は、法律の不確実性を回避したいという願望に基づいていました。

コメント

最高裁判所に上訴する可能性はありますが、現在の立場では、滞船料はレイタイム内に荷役作業を完了できなかった場合のすべての結果に対する唯一の救済手段です。  用船者の命令に従うことによって生じる結果に関して、これが暗黙の補償によって回避される可能性は極めてまれであると思われますが、それはレイタイムおよび滞船料制度に定められた唯一の法的救済と矛盾するからです。

しかしながら、滞船料に関する条款は、希望する場合、損傷した貨物に関する責任ではなく、使用不能損害または収入喪失など荷役作業の遅延から生じる損害の一部のみを補償すべきであることへの同意は、当事者に受け入れられていることを控訴院は認めました。  それにもかかわらず、用船者側にあるこの点を扱う明確な文言がない場合、用船者による別の違反に起因する可能性がない場合、船主は用船者から貨物責任を回収する能力が制限される可能性があることを留意する必要があります。

また、この判決は英国の海運法界で長年議論されてきた問題に関して(今のところ)望まれていた明確さをもたらしますが、実際に編集チームが変わるにつれて、いくつかの主要な教本は数十年にわたって繰り返し見解を変えてきています。  滞船料は特定の損害分類を補償するという条款が出てくるかどうか、興味が持たれます。

カテゴリ: Caselaw, Defence

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.