View Russia / Ukraine conflict updates here

黒海穀物イニシアチブ-回廊での遅延と検査の準備に関する最新情報

News & Insights 7 November 2022

Available in:


Written by

イスタンブール沖の黒海の渋滞は、特に積載船の共同調整センター(JCC)検査の待ち時間の遅延により増加傾向にあります。

Blue oil tanker

イスタンブール沖の黒海の渋滞は、特に積載船の共同調整センター(JCC)検査の待ち時間の遅延により増加傾向にあります。 確認として、JCCの役割は、船舶によるウクライナからの穀物、その他の 食料品、肥料輸出を可能にする 人道的海上回廊の確立を図る 黒海穀物イニシアチブを実施することです。 ロシアがイニシアチブの参加停止という最近のニュースにもかかわらず、状況は是正され、JCCの活動はこの警戒の日現在では通常の方法で再び進んでいます。

トルコの特派員であるKalimbassieris Maritime Limitedは、穀物を運び出す貨物船の待機時間が2 週間にまで最近増加し、検査登録されている船舶は約112隻に上り、さらに89隻が 黒海穀物イニシアチブへの参加待ちだと報告しました。 冬の到来と共に、悪天候により船上での立ち会いができなくなる可能性があるため、検査待機時間がさらに長くなる可能性があります。 現在、空荷船でのJCC検査待機時間は、目的の積地港によって異なりますが8日から12日です。

混雑のため、船舶は指示を待ち、航海の方向に応じて黒海またはマルマラ海のいずれかで待機するよう伝えられます。 ボスポラス海峡を通過前に、船舶は通常1日停泊するように命じられます。 現地の混雑を考えると、メンバーは指定係留地外に停泊しないように特別の注意を払う必要があります。

コレスポンデントは、燻蒸処理の対象となる穀物を運ぶ貨物船は、記入済みの申告書を提供する必要があると忠告しています。申告書のコピーはページ下部に添付されています。

特派員は、検査で不合格となる一般的な理由を以下の通り強調し、メンバーがJCC検査の準備を支援するために大文字でコメントしました。

  • ホスフィン(リン化水素)による燻蒸試験キットチューブ – 使用期限の確認
  • 燻蒸と換気の証拠がない - 航海日誌が記載されていることを確認
  • 燻蒸試験が実施されていない – ホスフィン(リン化水素)チューブ試験が実施されていることを確認
  • 燻蒸試験の写真またはビデオによる証拠 – 写真/ビデオ
  • 準備申告書が提出されていない – 申告書が提出されていることを確認
  • 船舶代理店による乗組員名簿(クルーリスト)が船長の乗組員名簿と一致しない – 乗組員名簿の一致を確認
  • バラストタンクが開かない – タンクを開ける
  • JCCノンコンプライアンスレターに応じない - 詳細に返信されたことを確認
  • 規定時間(午前5時から午後9時)外で人道回廊を通過。

特派員は、現在の待機時間が長くなると予想されるため、船舶は適切に準備する必要があり、長期間滞在用の食料、真水、燃料の船舶の消費要件を考慮する必要があると助言しています。

JCC手順と運用の最新情報は、以下にリンクされている当クラブのニュース記事をご参照ください。JCC最新情報は、国連ウェブサイトをご参照ください。

ウクライナに入国する予定のメンバーは、事前にブローカーまたは通常のクラブ連絡先に連絡することをお勧めします。

当クラブはこの情報をご提供頂きましたKalimbassieris Maritime Limitedに感謝申し上げます。

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.