North and Standard Club Logo Lockup

Soon to be
NorthStandard

Standard Club and North are becoming NorthStandard on 20 February 2023. For more information on NorthStandard visit our info page. If you would like more information regarding the changes for Standard Club members and clients click here.

View Russia / Ukraine conflict updates here

BIMCOの定期用船契約の保障

News & Insights 16 December 2022

Available in:


ボルチック国際海運協議会(BIMCO) は、海運業界で使用する統一標準補償条項を提供する標準用船契約補償条項の改正版を発行しました。

BIMCOの定期用船契約の保障

ボルチック国際海運協議会(BIMCO) は、海運業界で使用する統一標準補償条項を提供する標準用船契約補償条項の改正版を発行しました。

2022年用船契約補償は、定期用船契約に基づいて発生するすべての支払額および負債に関する定期用船者の補償です。船主は、用船者の親会社または別の保証人のどちらかに補償を要求できます。 新しい改正版は、以前 (2012 年発効)よりも範囲が広く、傭船者が船主に直接支払うべき支払いに加えて、用船契約の過程で発生するバンカー、港湾使用料、荷役料金、その他の事項に関する用船者の未払い債務に対する補償を提供します。

さらに、2022年版では、船主が保証人に対して要求を実行する前に期限を遵守する必要はなく、船主がフォームに含めることができる最高責任額に上限はありません。

BIMCOは、BIMCO定期用船契約補償の形で補償を発効するための7日間の期限を設定する選択条項も提供しています。 この条項は、用船契約の締結時に保証が必要であることが合意された場合に組み込まれる可能性があります。

保証履行の特徴付けに関する問題は、英国およびウェールズ控訴院の最近の訴訟で調査されました。 上海船廠 (Shanghai Shipyard) v Reignwood Ltd [2021] EWCA Civ 1147 (2021年7月23日)。その場合、上海船廠(「造船所」) は、船舶建造契約 (「契約」) に基づいてOpusのドリルシップを建造することに同意しました。Reignwood は、Opusによる1億7,000万米ドルの最終的な支払いを保証するために、ビルダーに保証を提供しました。 重大な欠陥があったため、Opusは船舶を拒み、支払いを拒否しました。Opusの決定に従い、造船所は、与えられた保証の下でReignwoodに要求を行うことにより、最後の分割払いを請求しました。  

控訴院は、保証が無因保証(demand guarantee)であるため、Reignwood は要求に応じて支払う義務があると判断しました。 これは、ReignwoodがOpusと造船所の間の仲裁手続きの結果が出るまで支払いを拒否する権利があると判断した第一審の判決を覆しました。控訴院の判決は最高裁判所に上訴され、判決が待たれています。最高裁判所の判決が2022年定期用船契約保証の規定の採択に影響を与える可能性があり、これは時節が来れば評価される予定です。いずれにせよ、本事例は、全ての契約文書と同様に、用船契約の保証における法的確実性の重要性を示しています。

BIMCO条項と詳細な説明は、以下にリンクされているBIMCOの最新サーキュラーに含まれています。

定期用船契約保証は柔軟な法律文書であり、英国法に基づいていますが、他の法制度で機能するように適応させることができることに留意すべきです。

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.