View Russia / Ukraine conflict updates here

オーストラリア海上安全局(AMSA)ー水先人(パイロット)用乗下船設備

News & Insights 27 April 2022

Available in:


Written by

2017年11月以降の水先人用乗下船設備の不具合を含む多くの事件を受けて、オーストラリア海上安全局(AMSA)は、安全な水先人用乗下船設備に関する海事通知を発行しました。

船主、運航者、船長、乗組員は ...

オーストラリア海上安全局(AMSA)ー水先人(パイロット)用乗下船設備

2017年11月以降の水先人用乗下船設備の不具合を含む多くの事件を受けて、オーストラリア海上安全局(AMSA)は、安全な水先人用乗下船設備に関する海事通知を発行しました。

船主、運航者、船長、乗組員は、パイロットラダー(水先人用はしご)を含む水先人乗下船設備が2016年に発効した海事令21(安全と緊急設備)(MO21) に準拠する必要があり、海上人命安全条約(SOLAS)第5章第23規則 (SOLAS V/23)に基づくオーストラリアの義務を履行したものであるという点に留意ください。

人の乗降の安全なプラクティスに対する責任は、船主、運航者、船長および乗組員、水先案内提供者、水先人と水先人舟艇乗組員、および乗降する人を含む活動に関与する各担当者に寄与します。全ての関係者は、安全性が損なわれないように、規制の背景と意図の両方を遵守する必要があります。

水先人は、提供された水先人乗下船設備の危険性が疑われる場合、船長と乗組員によって安全が確保されるまでその設備の使用を拒否し、状況をAMSAに報告する必要があります。このような状況が発生した場合、AMSAはフォローアップを行い、原因と取られた措置を突き止めるよう努めます。船舶がオーストラリア港湾に寄港していない場合、AMSAは旗国のフォローアップを行います。

詳細はAMSAのウェブサイトは こちらよりご覧いただけます。

当クラブは今年初めに水先人乗下船設備に関するガイダンスのバージョン3.0を公開しており、 こちらよりご覧いただけます。 

MO21はこのページの下からダウンロードいただけます。

特に水先人が乗降する際には、メンバーが船舶への安全なアクセス提供の重要性を船員に繰り返し伝えることをお勧め致します。

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.