View Russia / Ukraine conflict updates here

長い労働時間により運動時間が削られている現状が、船員幸福度指数(SHI)2022年第1四半期結果により明るみに

News & Insights 23 June 2022

Available in:


Written by

船員幸福度指数(SHI)2022年第1四半期の結果が発表されましたが、船員を取り巻く状況は前途多難な様相を呈しています。全体の平均スコアは10点満点中5.85点で、2021年第4四半期の6.41点から減少し、8年間の報告書で最も低い満足度となっています。

長い労働時間により運動時間が削られている現状が、船員幸福度指数(SHI)2022年第1四半期結果により明るみに

2022 年度最初の船員幸福度指数(SHI)第1四半期の結果 が発表されましたが、船員を取り巻く状況は前途多難な様相を呈しています。全体の平均スコアは10点満点中5.85点で、2021年第4四半期の6.41点から減少し、8年間の報告書で最も低い満足度となっています。また、全質問において幸福度が下がったのはこれが2回目です。 

船乗りとして海上でより長期間過ごす際には、船内での身体的環境および労働環境が厳しい状況に置かれることになります。 

幸いなことに、多くの回答者にとって食事に関しては栄養価の高く美味しい食事が取れるオプションがあり、大きな問題は見られていません。栄養に関して適切なバランスをとることは、船内の満足度と全体の雰囲気に大きな影響を与えます。 

回答結果には船舶に運動設備が十分に備えられているかどうかも反映されており、運動設備を利用できる環境にある場合は、幅広い質問にわたって高い幸福度を示しています。 

しかしながら、それは運動する時間があることが前提です。船員は、仕事量については予想できるものの、乗組員不足が問題になる可能性は十分考えられると述べています。その後、長年の問題である事務処理や管理業務が再び表面化し、「船長が事務員になりつつある」という見方が出てきてしまいます。 

当クラブは今後、第1四半期の結果を分析しながら船員の現状とその影響を把握していきます。引き続き当ページにご注目ください。  

スタンダードクラブのロスプリベンション部門は、 船員の福祉向上のために尽力しています。その実践の証しとして、当クラブは 乗組員の健康と乗組員交代に関する ネプチューン宣言に署名しており、さらに ミッション・トゥー・シーフェアラーズによる報告書である 船員の幸福度指数も後援しています。 

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.