View Russia / Ukraine conflict updates here

2021年米国沿岸警備隊(USCG)ポートステートコントロール年次報告書

News & Insights 10 May 2022

Available in:


Written by

米国沿岸警備隊の商船コンプライアンス局は、2021年ポートステートコントロール(PSC)年次報告書を発表しました。

2021年には、USCGにより8,663隻に対しPSC試験が実施されましたが、2019年のパンデミック前の合計8,622隻に対するPSC試験を上回りました。

Man with safety helmet on deck

米国沿岸警備隊の商船コンプライアンス局は、2021年ポートステートコントロール(PSC)年次報告書を発表しました。

2021年には、USCGにより8,663隻に対しPSC試験が実施されましたが、2019年のパンデミック前の合計8,622隻に対するPSC試験を上回りました。

2021年に環境保護、安全およびセキュリティ関連の欠陥のために拘留された船舶の総数は、57隻から63隻に増加しました。

年間拘留率は0.77パーセントから0.73パーセントに減少しました。3年間の移動平均拘留率は1.02パーセントから0.87パーセントに減少しました。

消防設備に関連する拘留欠陥数は減少しましたが、救命設備及び緊急体制に関連する拘留欠陥数は昨年より増加しました。

2021年以降、USCGはEnhanced Exam Program(EEP)を開始しました。このプログラムは、PSC MOUによって実施される集中検査キャンペーン(CIC)に類似しており、四半期ごとに船舶の安全性の特定の側面に一段と重点を当てることを目的としています。

EEPの目標は、外国船舶監督官(PSCO)の追加作業負荷を制限しながら、重要性のある点検個所に関する意味のあるデータを生成することです。収集された情報は、ポリシーの有効性評価に照らして考慮され、将来的に調整が必要かどうかを判断します。PSCOは2021年に、バラスト水コンプライアンス、火災および船体放棄訓練およびMARPOL条約附属書に関する定期的なポートステートコントロール点検の一環として強化された点検を実施しました。

実施された強化点検の結果、バラスト水に関して41件、火災および避難訓練は8件、MARPOL条約附属書IVに関しては13点の不備が発覚しました。バラスト水EEPにより、船舶がコンプライアンス維持のために使用する方法がさらに明確になりました。調査対象の船舶の56%がUSCG承認バラスト水管理システムを使用し、船舶の22%が延長申請を所持していたことが3か月にわたって確証されました。また、火災と船体放棄訓練中に実施された点検で発生した不備は1%未満であったことも注目に値します。

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.