ウクライナ - 環境保護検査と罰金の再開

News & Insights 10 September 2021

This article is also available in other languages:


Written by

Intro

当クラブ特派員からの情報によると、 オデッサ、ピブデニイ、チョルノモルスクに寄港した船舶が、環境保護検査の結果、罰金を科せられたとのことです。

Man on deck offshore

当クラブ特派員からの情報によると、 オデッサ、ピブデニイ、チョルノモルスクに寄港した船舶が、環境保護検査の結果、罰金を科せられたとのことです。罰金が支払われるまで、船は拘留されました。

検査官は、接岸待ちをしていた船舶の排水が外港锚地を汚染していたと主張しました。汚染の証拠は開示されていません。 罰金額は、各船の真水タンクの 測定値と、外港锚地に碇泊中に消費した真水の量から算出されました。 

前回 2019年8月19日付の報告では制度が改善されて公平になることが期待されていましたが、今回の生態系当局による罰金は、こうした動きから後退しているように思われます。現在は、  2015年6月24日付で報告したより恣意的な慣行に逆戻りしている印象を受けます。   

メンバーの皆様には、環境保護検査官が乗船する際には、代理店および/または当クラブ特派員への連絡をお勧めいたします。 

最新情報をお寄せいただいた当クラブ特派員 Dias Marin Consulting に感謝いたします。 

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.