View Russia / Ukraine conflict updates here

米国が「あり得ないジョーンズ・アクト(Jones Act)の抜け穴」に対処するための法案「American Offshore Worker Fairness Act」を導入へ

News & Insights 28 February 2022

Available in:


Written by

ルイジアナ州ビル・カシディー(R-LA) 米国上院議員 が 「条件の平等」の試みと呼んだことで、ジョーンズ・アクトの抜け穴と見なされていた問題に取り組むために American Offshore Worker Fairness Act が上院と下院に導入されました。

米国が「あり得ないジョーンズ・アクト(Jones Act)の抜け穴」に対処するための法案「American Offshore Worker Fairness Act」を導入へ

ルイジアナ州ビル・カシディー(R-LA) 米国上院議員 が 「条件の平等」の試みと呼んだことで、ジョーンズ・アクトの抜け穴と見なされていた問題に取り組むために American Offshore Worker Fairness Act が上院と下院に導入されました。 

現在、法律では外国人乗組員を乗せた50%以上の外国人所有船舶が米国海域で運航することを免責しています。これは、米国市民または永住権保持者を乗せたオフショア船および海洋構造物の一般的な要件を無視するものです。起草の時点で、免責は国際的に働くアメリカのオフショア乗組員に同様に厳しい要件が課されることを回避する方法と見なされていました。これは残念な結果を迎えましたが、具体的には米国籍船舶が運航費の面で外国籍船舶と競争できず不利な立場に放置されたことでした。

この法案は、米国海域でオフショアエネルギー活動に従事する米国籍船と外国船籍船が同じ基準を遵守し、作業/プロジェクトでより容易に競争できるようにするために起草されました。また、アメリカ合衆国沿岸警備隊(USCG)による外国船籍船舶とその乗組員の監視を強化しコンプライアンスを確保することもできます。

とりわけ、法案は、 

  • 外国籍船舶の乗組員は米国市民または船舶の旗国である市民のいずれかである必要があります。
  • 各外国籍船舶の乗組員に発行できる査証数をその船舶の乗組員数の2.5倍に制限します。
  • 毎年外国籍船舶に所有権の証明を要求します。
  • この法律の遵守を確保するためにUSCGにこれらの船舶を毎年検査することを要求します。

カテゴリー: Offshore & Renewables

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.