View Russia / Ukraine conflict updates here

トルコ–海洋汚染に係る罰金改正

News & Insights 23 June 2022

Available in:


Written by

2022年6月15日付けで、トルコでの海洋汚染ケースに対する行政罰金を規定する環境法第2872号法律への変更を含む、地域の環境規制に関する新しい改正案が官報31867号にて交付されました。

Man on oil tanker

2022年6月15日付けで、トルコでの海洋汚染ケースに対する行政罰金を規定する環境法第2872号法律への変更を含む、地域の環境規制に関する新しい改正案が官報31867号にて交付されました。

トルコ当局は、海洋汚染と先の条項に関する改訂、IMO硫黄制限、トルコの特別保護地域内の汚染および汚染事件の通知を怠った場合に共有施設に適用される新しい罰金に係る厳格な措置を発表しました。

以前に廃棄物や生活雑排水が含まれていた既存カテゴリー4汚染物質に以下が追加されました。

  • 家庭排水
  • 洗剤水
  • 排気ガス浄化システム(スクラバー)の洗浄水
  • 同様の洗浄水および固形廃棄物など。

マルマラ地方と海峡(イスタンブール、コカエリ、ヤロヴァ、ブルサ、バリケシル、チャナッカレ、テキルダー内のすべての港湾と停泊地を含む)に広がる特別環境保護ゾーンでは、海洋汚染の罰金が2倍になります。

さまざまなカテゴリーの罰金のレベルも改訂され、引き上げられました。

Kalimbassieris Maritime A.SおよびVitsan Claimサービスからのサーキュラーは、トルコ環境法の最近の改正案および科される各汚染罰金に関する情報を提供します。

今回の情報を提供いただいた両社に感謝いたします。

カテゴリ: Loss Prevention, Pollution

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.