船員幸福度指数(SHI)の2021年第2四半期の結果は、ワクチン接種プログラムの拡大の必要性を反映

News & Insights 19 August 2021

This article is also available in other languages:


Written by

船員幸福度指数(SHI)第2四半期の 結果 は、新型コロナウイルスの世界的大流行を背景にして、世界や海事産業の厳しい問題が再び表面化する中での船員の幸福度を反映しています。

船員幸福度指数(SHI)の2021年第2四半期の結果は、ワクチン接種プログラムの拡大の必要性を反映

船員幸福度指数(SHI)第2四半期の 結果 は、新型コロナウイルスの世界的大流行を背景にして、世界や海事産業の厳しい問題が再び表面化する中での船員の幸福度を反映しています。

残念なことに、ミッション・トゥー・シーフェアラーズが発表した今年第2四半期の最新の船員幸福度指数では、新型コロナウイルスの世界的大流行が始まって以来、船員の全体的な幸福度が過去最低を示すという、船員の心身の健康に関する暗い現状が明らかになっています。

常に同じ環境に置かれていることで船員には不満が蓄積しており、今四半期の報告は、3つの主要なテーマに沿って、ワクチン接種プログラムの拡大の必要性を指摘しています;

  • 港での上陸休暇の禁止、
  • キーワーカーとしての地位確立のさらなる遅れ、
  • 最小限の乗組員交代。

スタンダードクラブのロスプリベンションチームのディレクターであるYves Vandenborn船長は以下のようにコメントしています:

「今四半期の幸福度指数が急激に落ち込み、船員がその不満の原因としてのいくつかの大きな問題を挙げているという事実は、実に憂慮すべきことです。当クラブは、すべての主要な各ステークホルダーに、言葉を実行に移し、船員を大切にするよう呼びかけています。結局のところ、船員がいなければ、船が海を行き交うこともなければ、食料がキッチンの棚に並ぶもないのです。船主/管理者は、船舶が適切に整備され、船員の精神的、身体的、社会的な健康が確保されるようにする必要があります。現在の新型コロナウイルスの世界的大流行はまだ収束にはほど遠く、さらに世界中でワクチン接種率が上昇しているにもかかわらず、船上での陽性反応例が増加しています。今、船員の足を引っ張るようなことがあってはならないのです!」

 

今第2四半期の報告の簡単な内訳は、こちら からご覧いただけます。

当クラブは今後、第2四半期の結果を分析し、船員の現状とその影響を把握していきます。引き続き当ページにご注目ください。  

スタンダードクラブのロスプリベンション部門は、 船員の福祉向上のために尽力しています。その実践の証しとして、当クラブは 乗組員の健康と乗組員交代に関する ネプチューン宣言に署名しており、さらに ミッション・トゥー・シーフェアラーズによる報告書である 船員の幸福度指数も後援しています。

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.