View Russia / Ukraine conflict updates here

Eide Carrier:ノルウェー控訴裁判所により確認された違法船舶解体によるリスク

News & Insights 1 April 2022

Available in:


Written by

この事件には、南アジア海岸で船舶を違法に輸出し廃棄しようとする行為が関連していました。

当クラブのShip Recycling Bulletinで以前に報告されたように、2020年に船主と会社はノルウェーから有害廃棄物を違法に輸出しようとした罪で起訴されました。

Cargo container ship

この事件には、南アジア海岸で船舶を違法に輸出し廃棄しようとする行為が関連していました。

当クラブの Ship Recycling Bulletinで以前に報告されたように、2020年船主と会社はノルウェーから有害廃棄物を違法に輸出しようとした罪で起訴されました。

判決は上訴されましたが、控訴裁判所は2022年3月に会社とその幹部の両者に多額の罰金を科し、船主の懲役を命じた第一審裁判所の判決を支持しました。

非常に興味深いのは、控訴裁判所が船舶リサイクル業者への販売が直接的または間接的であるかは行為の犯罪性に関してほぼ違いがないと判断した点です。

この事例は、(i)廃棄物の国境を越えた移動が厳しく規制されているという事実、および(ii)直接販売か間接販売かを考慮せずリサイクル規制を順守することの重要性、を強く喚起させるものです。 違反する場合、多額の罰金、更に懲役のリスクなどの悪影響が生じる可能性があります。

船舶リサイクルに関する質問がある場合、メンバーは当クラブの通常連絡先に相談するようお勧め致します。

カテゴリ: Defence, Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.