North and Standard Club Logo Lockup

Soon to be
NorthStandard

Standard Club and North are becoming NorthStandard on 20 February 2023. For more information on NorthStandard visit our info page. If you would like more information regarding the changes for Standard Club members and clients click here.

View Russia / Ukraine conflict updates here

2023年Nordic Plan(北欧通則): サステナビリティへの取り組みに集中

News & Insights 20 December 2022

Available in:


北欧海上保険通則(「北欧通則」)は、北欧の船主と保険会社の委員会によって定期的に草案が作成および改訂される総合的な海上保険制度

2023年Nordic Plan(北欧通則): サステナビリティへの取り組みに集中

2023年1月1日に正式に発効する通則の最新版では、サステナビリティに新たな焦点が当てられています。特に船舶修繕を扱う第12-12条は、船主がCO2排出量が減る回航距離の比較的短いヤードを選択した場合にインセンティブを提供しています。 

北欧通則では、被保険船が損傷したものの全損ではない場合、保険会社が修繕費用を負担しますが、 修繕が行われる前に、保険会社はさまざまな修繕ヤードから入札を取得するよう要求できます。 その際、被保険者は優先ヤードを選択します。 

被保険者には、「正当な事由」がある限り、定められた入札を拒否する機会があります。正当な理由とそうでない理由はケースバイケースで決定されますが、北欧通則の解説では環境・社会・ガバナンス(「ESG」) 要因が考慮すべき関連問題として挙げられているのは興味深いところです。たとえば、被保険者は、合理的かつ通常要求する ESG基準に準拠した造船所で修繕を行うよう要求する権利を有します。 

被保険者が、入札ヤードの中で最も安価ではない修繕ヤードを選択した場合、保険者の責任は最も安価なヤードが選択された場合に支払われたであろう金額に制限されます。この上限に加えて、保険会社は選択ヤードを使用することにより生じた時間節約に基づいて、追加金額を支払う責任を負います。

北欧通則への新たな追加事項は、保険会社の責任限度額を引き上げることができる別のメカニズムの導入になり、今回は、特定の修繕工場を選択することによって回避される二酸化炭素排出量に基づいています。 特別許容量は、最も安い入札の代替排出量と比較して、節約されたCO2排出量1トンあたり40米ドルと規定されています。 

これらの追加事項は、船主がESG要因を考慮する新たなインセンティブを提供します。今後、他の保険契約もこの例に従うか注目されるところです。 

カテゴリー: Sustainability

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.