View Russia / Ukraine conflict updates here

シンガポール海事仲裁所(SCMA)新規則が2022年1月1日から適用

News & Insights 28 January 2022

Available in:


シンガポールは引き続き世界の主要な仲裁の中心地の1つです。2022年1月1日から、シンガポール海事仲裁所(SCMA)の規則に従って開始されたすべての仲裁は、SCMA仲裁規則 第4版を適用します。規則は2015年に最後に修正されました。

Helicopter in the sea

最新規則の発表前に、SCMAは公開協議を開催し、海運業界とそのさまざまな利害関係者からのフィードバックを求めました。スタンダードクラブが協議プロセスに積極的に参加し、最終的に規則 第4版に至ったことをお知らせします。 

収集されたフィードバックでは、規則が 引き続き 分かりやすく、費用効果が高く、効率的であり、可能な限り、紛争解決への手間のかからないアプローチを取り入れることを目的とする、SCMA内の様々なレベルで徹底的な見直しと議論が取り扱われました。
 

主な変更点

新規則によって導入された主な変更点の一部は以下の通りです。

  • ビジネスがますます電子的およびデジタル的手段によって実行される流れに遅れないために、新規則は電子メールによる文書の送達を許可します。また、仲裁裁定書に電子署名を行うことを認める条項が盛り込まれています。また、規則 は口頭審理および事案管理協議(case management conferences)が開催された場合、コンピュータ上で実施できることを規定しています。 
     
  • 現在、規則には 仲裁人2名が仲裁を進めることができ、実際に競技が開催される場合は、口頭審理の直前に3人目の仲裁人を選任されることが定められています。書面のみの仲裁の場合、仲裁人2名が仲裁を進め、3人目の仲裁人を選任することなく仲裁判断を遂行できます。 
     
  • 口頭審理はもはや必須ではありません。口頭審理を開催する裁量は仲裁機関にありますが、当事者が口頭審理を要請した場合は 依然として口頭審理が行われるものとします。
     
  • 仲裁における代理人変更の遅延により、手続き頓挫を防ぐために、現在、仲裁機関は手続の遂行または裁定の強制力が害される可能性がある場合、そのような変更の承認を保留する権限を有するようになりました。
     
  • 仲裁手続は、最終書面提出日または最終審理日から3か月経過後に終了したものとみなされます。これにより、仲裁手続期間に関して確実性が増すことになります。 
     
  • 新規則では、旧少額仲裁手続の限度額15万米ドルから簡易手続の限度額30万米ドルに引き上げられました。簡易手続は、仲裁人1名が担当して紛争を解決する迅速で費用効果の高い方法であり、事案の最終意見陳述の受け取りまたは口頭審理の終了から21日以内に裁定が下されます。
     
  • 仲裁人の選任条件のより高い確実性と透明性を実現するために、新たに導入されたSCMA標準選任条件は、別途合意がない限り、デフォルトで全てのSCMA仲裁に適用されるようになりました。これらは仲裁人の独立性や公平性などの問題を扱います。

詳細は以下でご確認ください。

カテゴリー: Defence

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.