セネガル税関での罰金–現在の状況に関する最新情報

News & Insights 5 November 2021

This article is also available in other languages:


Written by

地元の特派員である、マクリーンとそのアフリカのネットワークであるWAMSにより、貨物不足損害申し立てに対するセネガル税関での罰金の現状が更新されました。

Cargo container ship

地元の特派員である、マクリーンとそのアフリカのネットワークであるWAMSにより、貨物不足損害申し立てに対するセネガル税関での罰金の現状が更新されました。

セネガルに取引するメンバーは、税関の罰金制度の可能性を心に留め、揚荷作業の最後に不足が見つかった場合に発生する可能性のある遅延に備える必要があります。

要約すると、揚荷作業完了時に、地方税関当局は、港湾作業員によって報告された最終的な数字に基づいて税関罰金を科すことを決定する場合があります。これにより、港長事務所に行政逮捕命令が出される可能性があります。交渉の前に裏付けとなる書類を発行することは当局の標準的な慣行ではないため、罰金の詳細を調査して入手することは難しい場合があることに留意する必要があります。

船舶の遅延を回避するために、税関当局はクラブLOUを受け入れ、指定された日数以内に罰金を支払うことを要求する傾向があります。

詳細については、マクリーンが作成した添付の通信をご参照ください。

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.