船員幸福度指数(SHI)2021年第3四半期-海上での長期勤務がもたらす悪影響

News & Insights 11 November 2021

This article is also available in other languages:


Written by

海で過ごす時間が長くなるほど、船員の満足度は低下します。

船員幸福度指数(SHI)2021年第3四半期-海上での長期勤務がもたらす悪影響

船員幸福度指数(SHI)2021年第3四半期は、 第2四半期の10点満点中5.99から上昇して、 全体的な平均スコア 6.59を報告しています。パンデミックから約21か月間苦闘してきた船員がたどり着いた心の健康状態に関する、真の感情的軌跡を示しています。

船員の交流は、とりわけコロナウイルス前は常にうまく働いていました。これは、社会的人間関係が船上での仲間意識と連帯感を作り上げ、それは乗組員を大いに支えた絆と相互理解につながるため重要でした。

乗組員交代と上陸許可に関しては、パンデミックの影響を受けて心の緊張は限界点にまで達し、計画を狂わせました。残念ながら、これは脅しや威嚇、虐待の告発という形で表面化しました。これと並行して明るみに出されたのが、経路の報告や加害者に対して行動を起こすことの難しさです。

優れた船内リーダーシップ、様々な業界構想、前向きな慣行を実施するための取り組みが支持され、受け入れられ、使用されることが重要です。

ストレスの多い環境を反映して、この四半期には精神衛生上の問題点に焦点を当てた回答の増加が見られました。不安定な精神状態の前兆を、人はいかに簡単に見逃してしまうかを明らかにするある談話は、特に考えさせられるものでした。ある船員は、不安が増し、ストレスを感じ、さらには睡眠、業務への従事、仕事への集中に苦労し始めたことを告白しました。しかしながら、「以前このような気持ち」を一度も経験したことがないので、家に帰ったときに心の状態の違いに気付くまで、船内での情緒状態には細心の注意は払っていませんでした。 

これは他の船員の多くにも当てはまる可能性があります。情報伝達や情報提供の取り組みは不可欠であり、精神衛生上の問題点が悪化する前に一層の注意を傾ける必要があります。

当クラブは今後、第3四半期の結果を分析し、船員の現状とその影響を把握していきます。引き続き当ページにご注目ください。  

スタンダードクラブのロスプリベンション部門は、 船員の福祉向上のために尽力しています。その実践の証しとして、当クラブは 乗組員の健康と乗組員交代に関する ネプチューン宣言に署名しており、さらに ミッション・トゥー・シーフェアラーズによる報告書である 船員の幸福度指数も後援しています。

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.