船員幸福度指数(SHI)第2四半期の結果 - 海上生活の改善が急務

News & Insights 5 August 2021

This article is also available in other languages:


Written by

船員幸福度指数(SHI)第2四半期の 結果 は、新型コロナウイルスの世界的大流行を背景にして、世界や海事産業の厳しい問題が再び表面化する中での船員の幸福度を反映しています。

船員幸福度指数(SHI)第2四半期の結果 - 海上生活の改善が急務

船員幸福度指数(SHI)第2四半期の 結果 は、新型コロナウイルスの世界的大流行を背景にして、世界や海事産業の厳しい問題が再び表面化する中での船員の幸福度を反映しています。

今四半期のSHIスコアは 5.99/10と、第1四半期の  6.46 から急激な懸念される落ち込みを見せ、すべてのカテゴリーで数値は落ち込んでいます。乗組員の渡航、不確実な休暇、上陸休暇の欠如に関する進行中の問題が、船員に犠牲を強いていることを明らかに示しています。

この幸福度の落ち込みは、海上での問題に対する倦怠感が高まる中、ストレス、疲労、欲求不満を表現するもので、個々の船員には何の報酬も恩恵もないのに通商の需要を満たすために船はかつてないほど酷使されているいう認識が混ざり合っています。

船員達は今、約束を果たし、船員の福祉に真の変化をもたらす外交的、法的、および対外的な行動の実現のために、注目を集めるキャンペーンを求めているのです。特別な記念日に汽笛を鳴らしたり、旗を振ったり、好意から出た広報活動が、船員の毎日の生活に救いをもたらす日々は終わったのです。

船員達からのメッセージは明確で、海上での忍耐と穏健さが失われつつあることを感じさせるものです。生活を改善し、船員をキーワーカーであり必要不可欠な存在として扱い、国際的な対応に迅速に参加させることが急務です。さもなければ、船員の言葉を借りれば、 「いつ事故が起きてもおかしくない」でしょう。

当クラブは今後、第2四半期の結果を分析し、船員の状態とその影響するところを把握していきます。引き続き当ページにご注目ください。  

スタンダードクラブのロスプリベンション部門は、 船員の福祉向上のために尽力しています。その実践の証しとして、当クラブは 乗組員の健康と乗組員交代に関する ネプチューン宣言に署名しており、さらに ミッション・トゥー・シーフェアラーズによる報告書である 船員の幸福度指数も後援しています。

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.