View Russia / Ukraine conflict updates here

制裁-英国が新たな対ロシア金融制裁および貿易制裁実行へ

News & Insights 7 March 2022

Available in:


Written by

英国は2022年3月1日、ウクライナへのロシアの敵対行為を受けて、新たな対ロシア金融制裁および貿易制裁を導入しました。 これらの制裁は、既存制裁法(ロシア制裁規則(EU離脱)2019)(「ロシア規則」)を修正し、幅広い経済および貿易活動を対象としています。

制裁-英国が新たな対ロシア金融制裁および貿易制裁実行へ

英国は2022年3月1日、ウクライナへのロシアの敵対行為を受けて、新たな対ロシア金融制裁および貿易制裁を導入しました。 これらの制裁は、既存制裁法(ロシア制裁規則(EU離脱)2019)(「ロシア規則」)を修正し、幅広い経済および貿易活動を対象としています。 これらの規制に関して英国政府が発行したガイダンスは こちらで閲覧可能です。 

これらの新たな制裁の影響を受けるメンバーはこれらの規制を注意深く見直す必要があります。 念のために、英国制裁措置は、英国領土および領海内の全員および世界中のすべての英国人に適用されます。これには、活動が行われる場所に関係なく、英国内にいる、または英国内で活動を行っている、または英国法に基づいて設立されたすべての法人(その支店を含む)が含まれます。

金融制裁

ロシア(制裁)(EU離脱)(改正)(第2号)規則2022 は以下の制限を科しています。

  • 満期が30日を超え、2022年3月1日以降にロシア(ロシア法人を含む)またはロシア政府に関係を有する人物に発行された場合の譲渡可能証券や短期金融資産の取り扱い、もしくは融資または貸付の提供の禁止。
  • この禁止事項は事業体にも適用され(ロシア規制スケジュール2に記載)、 Sberbank, VTB bank, Gazprombank, Vnesheconombank (VEB), Rosselkhozbank OPK Oboronprom, United Aircraft Corporation, Uralvagonzavod, Rosneft, Transneft、Gazprom Neftを含む事業体が既に金融規制の対象となっています。
  • 英国信用機関や金融機関がコルレス銀行の関係の確立または継続、および指定された人物や彼らが所有または管理する信用機関や金融機関との間での、もしくはそれらを通じたポンド建て決済の禁止

英国は、上記制限によって影響を受けている特定の活動を段階的に縮小する許可を与える数種類の一般ライセンス(GL)を発行しました。たとえば、新しいコルレス銀行業務の制限がズベルバンクに適用されますが、30日間の事業縮小期間を許可するGLが発行 (GL INT / 2022/1277778) されています。英国信用金融機関は2022年3月31日まで、ズベルバンクとのコルレス銀行業務関係、およびズベルバンク(またはそれが所有または管理する事業体)との間での、もしくはそれを通じたポンド建て決済を継続する場合があります。 

また、2022年6月24日まで、決済が「エネルギー関連製品」(GL INT 2022/1277877)、つまり原油、ガス、石油製品に関連するコルレス銀行業務禁止に関するGLが発行されました。 

これらのGLはロシア規制に違反して取り扱われたり利用可能になったりする資金や経済的資源をもたらす行為を許可していません。 

ロシア(制裁)(EU離脱)(改正)(第5号)規則2022 は英国の自然人・法人が外貨準備および資産管理の目的で以下に金融サービスを提供することを禁止しています。

  • ロシア中央銀行
  • ロシア国家福祉基金
  • ロシア連邦財務省
  • 上記のいずれかによって直接的または間接的に所有または管理されている人物、もしくは
  • 上記のいずれかの代理として、またはその指示に従って行動する人物

貿易制裁措置

ロシア(制裁)(EU離脱)(改正)(第3号)規則2022 は、「重要産業製品と技術」を盛り込むために、ロシアへに向けた、もしくはロシアでの使用のための、輸出、供給・配送、使用を可能にする二重用途品および技術に関する既存の禁止の範囲を拡大します。  これには、特定に列挙された電子製品、コンピューター、通信・情報セキュリティー、センサー・レーザー、ナビゲーションと海洋関連製品、駆動技術関連製品が含まれます。

二重用途品と技術、および重要産業製品と技術に関連して、技術支援、金融サービス、および仲介サービスを提供することは禁止されています。 ただし、重要産業製品や技術には、身の回り品、航空機や船舶の移動、外交使節団、消費者通信機器、ソフトウェアの更新など、いくつかの例外が適用されます。

輸出ライセンス

英国は、許可された目的地としてロシアを多数の一般公開輸出ライセンス(OGEL)から削除しました。ロシアへの二重用途品の新たな輸出ライセンスの承認は直ちに停止されました。 詳細については、英国国際通商省が発行した通知に記載されています。 こちらより閲覧可能です。

当クラブは今後も状況を注意深く監視し今後の展開についてメンバーにお知らせ致します。ご質問などがございましたら、通常のクラブ連絡先までお問い合わせください。

カテゴリ: Sanctions, Ukraine / Russia

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.