船員協会の海上での船員の心身の健康ーメンタル面を健全に過ごすための有効なヒント

News & Insights 27 September 2021

This article is also available in other languages:


Written by

船員の心身の健康 は、近年、特に新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて、スタンダードクラブ内における中心的なテーマです。当クラブは、船員協会の「 海上での船員の心身の健康 」プログラムと連携し、数か月にわたって役立つアドバイスやリソースをシェアしていきます。

船員協会の海上での船員の心身の健康ーメンタル面を健全に過ごすための有効なヒント

船員の心身の健康 は、近年、特に新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて、スタンダードクラブ内における中心的なテーマです。当クラブは、船員協会の「 海上での船員の心身の健康 」プログラムと連携し、数か月にわたって役立つアドバイスやリソースをシェアしていきます。

今週は鬱病や不安障害について深く掘り下げていきますが、イェール大学がコロナ禍以前の2019年に発表した統計をいくつか見ていきましょう。

  • 健康調査質問票に回答した船員のうち、25%が鬱の症状を示すスコア結果となった(他業種や一般社会での数値と比べて大幅に高い割合)。
  • 全般性不安障害の質問票に回答した船員のうち、17%が不安障害を抱えている船員であると定義づけられた。
  • 調査対象となった船員のうち、調査前2週間に自殺に想いを巡らせていた割合は20%に上り、その頻度の内訳は数日(12.5%)、半分以上(5%)、ほぼ毎日(2%)であった。
  • 鬱や不安障害、自殺念慮を抱えていることで、船上での勤務中にケガや病気の発生へとつながりやすくなります。
  • 船員が鬱や不安障害、自殺念慮を抱えている場合は、向こう6か月以内に船員としての仕事を辞めようと考える可能性が高くなります。 

この統計結果は衝撃的なもので、実際に健康調査質問票に回答された方もいらっしゃるでしょうが、症状の兆候に気付くことが回復への最初の一歩となるのです。

メンタルヘルスを健全に保つために役立つと思われるヒントをいくつか添付しています。

今後も定期的に、スタンダードクラブと船員協会からさらにたくさんのリソースをご紹介していきますのでご期待ください。

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.