Standard Club

Standard Club has merged with North to form NorthStandard. Find out more about NorthStandard here or continue on this site to access industry news, publications and expertise, as well as club rules and contacts.  

View Russia / Ukraine conflict updates here

トルコの国際海峡およびトルコ水域・港・ターミナルに入る船舶のP&I保険付保確認書に関するトルコ当局からの要請

News & Insights 6 December 2022

Available in:


トルコ政府は2022年11月16日付の通知を発行し、2022年12月1日以降 (2022年12月2日までに延長) トルコ海域を通過または入港する全ての船舶に対し、通過中、または船舶がトルコ水域に入る間、または港やターミナルに入る間のあらゆる状況において保険補償が引き続き有効であることを証明する、船主のP&Iクラブ発行の確認書の提示を求めています。

トルコの国際海峡およびトルコ水域・港・ターミナルに入る船舶のP&I保険付保確認書に関するトルコ当局からの要請

トルコ政府は2022年11月16日付の通知を発行し、2022年12月1日以降 (2022年12月2日までに延長) トルコ海域を通過または入港する全ての船舶に対し、通過中、または船舶がトルコ水域に入る間、または港やターミナルに入る間のあらゆる状況において保険補償が引き続き有効であることを証明する、船主のP&Iクラブ発行の確認書の提示を求めています。 
 
国際グループは本件を詳細に検討した結果、本記事執筆時点では、当クラブは船主または用船者のメンバーにこのような付保証明確認書を発行することはできず、またすべきではないという見解で合意しました。 
 
トルコ政府の要件は、入港確認書に含まれる一般的な情報を大幅に超えています。P&Iクラブは、被保険者の側で制裁違反行為があった場合を含め、いかなる状況下でも、故意または意図的であるか、無意識で意図的でないかを問わず、保険補償が損なわれないことを確言する必要があります。 このような状況下で確認書を発行すると、当クラブはEU、英国、米国の法律に基づく制裁違反行為にさらされることになり、当クラブはトルコ当局の要請に応じることができなくなります。 
 
国際グループは、交渉を通じてこの問題を解決しようとしており、関連するトルコ当局とのさらなる議論は、12月5日月曜日に行われる可能性が高いです。それまでの間、現在の状況は、2022年12月5 日に導入されたロシア産石油上限価格措置(プライスキャップ制度)に起因するものであることに注意することが重要です。これは、ロシア産石油がG7とその連合パートナーによって設定された「上限価格」を上回って取引された場合、輸送および関連する保険の提供を禁止します。 
 
この新しいロシア産石油権利放棄条項プログラムの差し迫った導入は、メンバーのP&I保険補償の提供が保険に関する規則、制裁条項、またはその他の免責条項の対象とならないことを示すP&Iクラブからの確認書の要請の中心にあり、制裁措置対象貨物によって損害が発生したことが判明した場合でも、補償の撤回につながります。このため、当クラブはそのような確認書を提示することはできません。 
 
明らかに、メンバーは、トルコの管理下である国際海峡や海域を通過する航海を続けることに熱心です。 しかしながら、加盟国が現在直面している問題は、EU、英国、米国が導入したロシア産石油の禁止事項から直接生じています。 12月5日以前に積載していたロシア産石油貨物は、 1月19日までの期限が切れる猶予期間があることにも注意する必要があります。  

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.