View Russia / Ukraine conflict updates here

アジアにおける海賊行為及び船舶に対する武装強盗に対抗するための地域ガイド2

News & Insights 7 March 2022

Available in:


Written by

アジア海賊対策地域協力協定情報共有センター(ReCAAP ISC)は、アジア船主協会(ASA)、シンガポール船主協会(SSA)、国際独立タンカー船主協会(INTERTANKO)、石油会社国際海事評議会(OCIMF)および S. Rajaratnam School of International Studies (RSIS)の代表者で構成されるワーキンググループと協力して、「アジアにおける海賊行為及び船舶に対する武装強盗に対抗するための地域ガイド2」を発表しました。

Cargo container ship

アジア海賊対策地域協力協定情報共有センター(ReCAAP ISC)は、アジア船主協会(ASA)、シンガポール船主協会(SSA)、国際独立タンカー船主協会(INTERTANKO)、石油会社国際海事評議会(OCIMF)および S. Rajaratnam School of International Studies (RSIS)の代表者で構成されるワーキンググループと協力して、「アジアにおける海賊行為及び船舶に対する武装強盗に対抗するための地域ガイド2」を発表しました。

このガイドの目的は、2016年に改訂された地域ガイド初版発行後にアジアで発生した船舶事件に対する海賊行為と武装強盗の種類に関する情報を船長、乗組員、海運コミュニティメンバーに提供することであり、リスク/脅威評価と予防措置に関する推奨事項、および関連機関の最新の連絡先詳細を改訂しました。

地域ガイド2には様々な種類の加害者の手口や関連機関の連絡先詳細などの最新情報が含まれています。アジアで運航する船舶の所有者/運航者/船長/乗組員が、攻撃を回避、抑止、遅らせ、また不正な乗っ取りを防止するために適切な措置を講じる支援をするように策定されています。

カテゴリ: Loss Prevention, Maritime Security

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.