North and Standard Club Logo Lockup

Soon to be
NorthStandard

Standard Club and North are becoming NorthStandard on 20 February 2023. For more information on NorthStandard visit our info page. If you would like more information regarding the changes for Standard Club members and clients click here.

View Russia / Ukraine conflict updates here

プレス記事: 船員のウェルビーイング維持に関する取り組み

News & Insights 16 November 2022

Available in:


Written by

船内の状況は改善されており、船員のウェルビーイングをより重視することで結果が得られていますが、新型コロナウイルス感染症による危機が後退したため、業界は時計の針を巻き戻すようなことをすべきではないと、スタンダードクラブのロス・プリベンションのディレクターであるYves Vandenborn船長は述べています。

プレス記事: 船員のウェルビーイング維持に関する取り組み

コリンズ辞典は「Permacrisis(パーマクライシス):長期にわたる不安定な状況」を2022年の言葉として発表しました。景気後退、戦争、環境災害、新型コロナウイルス感染症、政治的不安定など、本記事では多くの事柄を表現した1年を要約します。このような問題は誰にとっても大変困難なことですが、自宅や家族から遠く離れた船員にとっては、孤独、過労、ストレスが懸念事項のリストに追加される可能性があります。

パンデミックとロックダウンは、私たちに心の幸福の重要性を教えてくれました。世界中の政府、雇用主、地域社会は、隔離がケアを受けている人々に与える悪影響を認識しています。個人のウェルビーイングの向上に焦点を当てたプログラムが急速に成長し、多くの人にとって以前はタブー視されていた心の健康についての議論がより一般的になっています。

ウェルビーイングとは、人の身体の健康だけを指すものではありません。それには、人間関係、感情、資産が含まれ、うまくいかない場合、ストレスや不幸の原因となる可能性があります。しかし、海上の船舶などの複雑かつ危険な環境の中では、作業自体が非常にストレスになることもあります。

家から遠く離れた船員は、容易に打ちのめされてしまいます。新型コロナウイルス感染症による制限で生じた海上での長時間勤務は、これらの既存の傾向を深刻化しました。多くの海運会社は、海上で費やす時間を以前に比べてより良い経験にしようと試みることで対応しました。共同体意識を高め、船内環境の改善への試みが真剣になされました。これが船内生活空間を再考して、コミュニティ食堂やレクリエーションラウンジを備えた包括的で協力的な環境を作り出すことであったのか、ジムやフィットネス活動は追加されたのか、インターネット接続や自宅へのアクセスの利便性は向上したのか、経営陣との対話は改善されたかなど、さまざまな取り組みが実施されていることがわかりました。

「ウェルビーイング」を乗組員の単なる追加費用と見なし、有意義な行動を怠った企業は、最高かつ最も経験豊富な船員を引き付ける可能性がはるかに低いことに気付き始めています。船員は、誰のために働くかをますます注意深く選択するようになり、給付および給与全体に基づいて誰と一緒に航海するかを決定しています。

スタンダードクラブは、福祉慈善団体のミッション・トゥー・シーフェアラーズ、および船舶検査、ベンチマーク、分析の世界的リーダーであるIDWALと提携し、船員がどのように対処しているかを測定するのに役立つ四半期ごとの船員幸福度指数を発行しています。上陸休暇、船内でのつながり、訓練、賃金、食事、仕事量、陸地での設備などの問題に対する回答者の幸福度の認識に焦点を当てた 10項目の質問を対象としたこの指数は、過去2年間で改善が見られたことを示しています。乗組員は以前より幸せを感じています。2022年第3四半期の幸福度の平均評価は7.3点で、2020年半ばのパンデミックの最盛期に示した6.3点から上昇しました。

しかし、上陸休暇の利用は依然として未解決であり、引き続き不幸の源となっています。ほとんどの国が上陸許可禁止を撤廃し、状況は明らかに劇的に改善しましたが、一部の地域では依然として制限が適用されています。しかし、圧倒的な仕事量、費用、官僚的な制限措置、企業方針、個人の選択により、一部の乗組員は上陸休暇を取ることができません。

船員の待遇が改善されたことを本当に嬉しく思いますが、当面の新型コロナウイルス感染症危機が収まるにつれて、船員の生活条件やウェルビーイングへの関心が低下するのではないかという懸念もあります。このような全ての取り組みにとって重要なのは、船員に期待される仕事の水準です。これは、精神的プレッシャーを受け続けている要員配置水準に関連しています。船員は、海事産業と世界貿易の中枢であり、当然のことながら、主要な労働者として認識されてきました。協力的な企業文化を通じて船員を支援するために私たちが行っている活動は、継続しなければなりません。

2022年第3四半期の船員幸福度報告書はこちらよりお読みください。

カテゴリー: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.