View Russia / Ukraine conflict updates here

西から東への旅: Callum O'Brienと共にアジアのCoastal&Inland(沿岸部&内陸部)保険クラスを立ち上げる

News & Insights 30 August 2022

Available in:


Written by

Callum O'Brienはスタンダードクラブに7年以上勤務しています。最近彼は、ロンドンからシンガポールに移り、同社のCoastal&Inland(沿岸部&内陸部)保険クラスで保険引受人として働き、チームが地域をサポートするのを助けています。この展開は、チームが保険引受け査定とクレームにおいて完全にローカライズされた当局に権限を与えられることを意味します。

いろいろな意味で、シンガポールとロンドンにはいくつかの類似点があります。グローバル企業の中継地...

Callum O'Brienはスタンダードクラブに7年以上勤務しています。最近彼は、ロンドンからシンガポールに移り、同社のCoastal&Inland(沿岸部&内陸部)保険クラスで保険引受人として働き、チームが地域をサポートするのを助けています。この展開は、チームが保険引受け査定とクレームにおいて完全にローカライズされた当局に権限を与えられることを意味します。

いろいろな意味で、シンガポールとロンドンにはいくつかの類似点があります。グローバル企業の中継地点として機能する金融およびビジネスのハブであり、どちらも色とりどりのコスモポリタンなエネルギーを誇っており、多文化主義に向け互いに接近しています。

しかし、スタンダードクラブの保険引受人であるCallum O'Brienが英国首都から10,000km 離れた東南アジアの都市国家に移動する動機となったのは、その類似点によるものではありませんでした。それは相違点でした。

海事およびエネルギーを専門とする相互保険協会である スタンダードクラブは、ヨーロッパで50 年間の成功を収めた後、今年2月に同クラブのCoastal&Inland(沿岸部&内陸部)保険クラスを展開し、アジア太平洋地域をカバーしました。

「いつも私は、海外、特にアジアで働きたいと希望していましたので、チャンスが訪れた時に飛びついたのです」と彼は言いました。

シンガポールに移動したことで、新しい市場について 学び、世界中のさまざまな人々と出会う機会が得られたと、彼は説明しました。

「アジア太平洋は非常に広大な地域であり、取り組むべきさまざまな市場や理解すべき文化の違いが非常に多くあります」

以前Callumは、ロンドンの当クラブオフィスの代理そして完全な保険引受人として、ギリシャ、ノルウェー、キプロスの市場で外洋航行船を取り扱っていました。当クラブのCoastal&Inland(沿岸部&内陸部)保険クラスの補填範囲は重大ですが、アジアでの存在感は50年の歴史の中ではなきに等しいものでした。

「基本的に私の役割は、開始から約8か月そこらで構築した既存の事業にサービスを提供し、帳簿を成長させ続けることです。」 

「正直なところ、P&Iの保険引受人になりたいと思って成長する人はいないと思います。かなりニッチなキャリア・パスです!」と彼は笑いました。

彼は、2015年にシェフィールド大学を卒業後、すぐにスタンダードクラブに就職し、保険引受け査定ドキュメントオーサリングのアシスタントおよびサポート管理者として人生のスタートを切りました。7年半後、彼はシンガポールで当クラブの専任保険引受人として働き、アジア太平洋地域でポートフォリオを構築することを目指していました。

「保険引受け査定アシスタントの役割で3年間過ごした後、代理保険引受人へ昇進、2021年初めに引受人へと昇進しました。常に同じチーム (ヨーロッパ部門) に所属し、ヨーロッパ市場で大型外洋航行船に取り組んでいました」と彼は言いました。

現在Callumが行っていることの多くは、新規事業です。地理的な権限は巨大で、韓国からオーストラリア、太平洋全体そしてインドにまたがっています。  

「それは巨大な地域であり、これまでにCoastal&Inland(沿岸部&内陸部)保険クラスの事業の責任を引き受けたことはありませんでした。そういった意味において、これは私たちにとってまったく新しい市場です」と Callumは付け加えました。

基本的に、この仕事には、仲立人との関係を構築し、さまざまな市場を調査して新規事業の機会を見つけることが必要です。その後、リスク評価が実施され、保険期間が作成されます。仕事のもう1つの側面は、年間を通じて維持される事業全てにサービスを提供することです。

また、シンガポールの役割も展開が速いです。Callumの以前のBlue Waterに関する仕事には、国際グループ制度に参加する必要のあるはるかに大型の船舶が含まれていました。国際P&Iグループ協定(International Group Agreement=IGA)は、自由な事業が制約を受けていたため、獲得しようとする新しい事業が少なくなっていたことを示しました。

「P&Iで完全に何もないところから事業を始めることができるのは、非常に極めてまれな機会です」と彼は言いました。「アジアの小さな工芸品市場の学習曲線は、ヨーロッパの外洋航行船総トン数の引受とは大きく異なり、急勾配でした。幸いなことに、私はロンドンの既存のCoastal&Inland(沿岸部&内陸部)保険クラスとここシンガポールの確立されたチームの豊富な経験から恩恵を受けています。

また、Callumは自律航行船に焦点を当てた当クラブの技術作業部会を立ち上げました。作業部会の最初のアイデアは、船舶に物資を届けるドローンなどの海運業界の技術開発と、ブロックチェーンが海運業界と保険業界の両者にどのように影響するかを観察することでした。

「市場の新技術をめぐって多くの発言があり、私たちの注意がすぐに自律航行船に集中したときに動き出しました。この技術は時間の経過とともに発展し続け、メンバー、特に小型船舶を所有するメンバーに影響を与える可能性があると私たちは確信していました。私たちはその分野の専門家になり、保険への影響についてアドバイスできるようになりたいと考えていました。このグループは、さまざまな技術の進歩について話し合い、それがメンバーや企業に影響を与える可能性があるかどうかを理解するために、企業全体の人々で構成されています。

また、Callumは業界での業績を伸ばしています。彼はP&I資格プログラム(P&IQ) のディプロマを修了しており、現在は公認船舶仲買人協会(Institute of Chartered Shipbrokers)でプロフェッショナル資格認定試験に向けて取り組んでいます。

「P&IQは比較的新しく、業界自体の専門です」とCallumは述べています。「これ以前は、人々はシステムのすべての複雑さと仕事の補償範囲を何十年もかけて学んだだけでした。今は腰を下ろし、数年かけてすべてをかなり深く理解することができます。」 

「その後、公認船舶仲買人協会(Institute of Chartered Shipbrokers)のプロフェッショナル資格認定試験に着手することにしました」と彼は言いました。「保険業界を理解することは一つのことですが、船主は保険業界について語ることにほとんど興味がありません!海運業界の仕組みをより詳細に理解することは、私にとって大きな助けとなり、魅力的であることに気づきました」

仕事以外では、 Callumはシンガポールに個人的に恋し、ライオンシティでの新しいライフスタイルにすぐに順応しました。

「食べ物は私にとって大事です」と彼は言いました。「シンガポールでの生活の多くは食事に基づいており、提供されるさまざまな料理をすべて探求するのが大好きです。行ったことのない場所へ旅行することもよくあります。インドとオーストラリアに行く予定がありますが、どちらにも行ったことがありません。そういったことにワクワクしています」

カテゴリー: Coastal and Inland/London Class/Inland and Coastal

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.