Title News: US Issues General Licenses to Authorize Certain COVID-Related Transactions with Iran, Syria, or Venezuela ニュース:米国、イラン、シリア、ベネズエラとの新型コロナウイルス関連の特定の取引を認可する一般許可証を発行

News & Insights 18 June 2021

This article is also available in other languages:


Written by

2021年6月17日、米国外国資産管理局(OFAC)は、イラン、シリア、ベネズエラを対象とした制裁プログラムに関する3つの個別かつ関連する一般許可証(GL)を発行しました。

Woman with safety helmet

2021年6月17日、米国外国資産管理局(OFAC)は、イラン、シリア、ベネズエラを対象とした制裁プログラムに関する3つの個別かつ関連する一般許可証(GL)を発行しました。イランGL N、シリアGL 21、ベネズエラGL 39の三つのGLは、新型コロナウイルスの世界的大流行へのとの戦いの支援として、新型コロナウイルス関連の特定の取引や活動を許可しています。これらのGLは、、長年にわたり今なお有効な米国の制裁プログラムにすでに含まれている、人道的免除、例外、および認可を拡大するものです。3つのGLはすべて2022年6月17日に期限切れとなりますが、その後OFACにより延長が認められます。

米国の管轄内で活動する米国人および非米国人は、新GLに含まれる適用条件を満たせば、新GLに含まれる拡大された権限を依拠できます。さらに、OFAC FAQ 911(GLsと同時に発行)は、米国人により新しいGLsの下で許可される活動に従事する場合、非米国人は米国制裁の対象となるリスクがないことを確認しています。「新型コロナウイルスの世界的大流行に対応するための特定の活動に従事する非米国の輸出業者、非政府組織、国際組織、外国の金融機関、およびその他の非米国人が含まれます。」 (FAQ 911をご覧ください)

上記または制裁措置全般について質問があるメンバーの方は、まず最初に通常のクラブ連絡先に連絡してください。なお、GLのコピーまたはその発行の詳細については、以下のリンクをご覧ください。

 

Categories: Sanctions

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.