ニュース:米国OSCLAおよびOPA90向け日割りの民事制裁金がインフレ調整

News & Insights 22 April 2021

This article is also available in other languages:


米国海洋エネルギー管理局 (BOEM) は、外縁大陸棚法 (OCSLA) および1990年油濁法(OPA)違反に対するBOEM規則に含まれる日割りの民事制裁金の上限について、2021年のインフレ調整を実施する旨、最終規則を発表しました。

Asian ship crew on oil tanker

"米国海洋エネルギー管理局 (BOEM) は、外縁大陸棚法 (OCSLA) および1990年油濁法(OPA)違反に対するBOEM規則に含まれる日割りの民事制裁金の上限について、2021年のインフレ調整を実施する旨、最終規則を発表しました。

連邦民事制裁金調整法(FCPIAA) は、連邦政府機関が民事制裁金の水準を毎年インフレ調整することを義務付けています。これらの調整は、民事罰の抑止効果を維持し、基礎となる法律の政策目標を達成することを目的としています。

連邦民事制裁金調整法(FCPIAA) に基づき、本規則では、違反あたりの日割りの民事金銭賠償額の上限を1.01182の倍率で上方修正し、OCSLAに基づく違反では46,000ドル、OPAに基づく違反では48,762ドルとしています。

OCSLA違反や、OPAの財務責任規定を遵守しなかった場合には、当局から日割りの民事制裁金が課せられます。

調整後の制裁金水準は、こちらの連邦官報からご覧になれます。"
 

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.