ニュース: アップデート - ブラジルにおけるスクラバー洗浄水の排出について

News & Insights 8 June 2021

This article is also available in other languages:


Written by

当クラブの特派員であるBRAZMAR Marine Servicesによると、港湾・海岸局(DPC)と海軍が、この問題に関する従来のガイダンスを変更したとのことです。

Ship smoke

ブラジルにおけるスクラバー洗浄水の排出に関するクラブの前回のニュースに続き、当クラブの特派員であるBRAZMAR Marine Servicesによると、港湾・海岸局(DPC)/海軍はこの問題に関する以前のガイダンスを変更し、管轄環境当局が事態をより良く評価する機会が得られるまで、ブラジルの管轄水域内でのオープンループおよび/またはハイブリッド排気ガス浄化システム(EGCS)からの洗浄水の排出が許可されているとのことです。これは、対象となるEGCSがクラスによって承認され、SOx排出量の遵守計画を持ち、IMO決議MEPC.259(68)の要件に従って承認されていることを前提としています。

上記の記載内容は、ターミナルごとの特定の要件により条件が左右されます。そのため、オープンループ(またはハイブリッド)スクラバーを船舶に搭載しているメンバーの皆様には、洗浄水の排出規制、または港湾水域でのスクラバー使用のために当局の許可を求めるための要件など、スクラバー使用に関連して適用される規制について、現地代理店や当クラブ特派員に確認されることをお勧めします。

スクラバーの排出が禁止されている(あるいは制限されている)水域を航行する場合には、船舶のスタッフは注意を払い、該当する港に到着する前に、スクラバー(該当する場合は、ハイブリッドスクラバー)を閉ループモードまたは適合燃料に切り替える必要があります。

Categories: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.