ニュース:トルコ-新しい環境規則

News & Insights 20 July 2021

This article is also available in other languages:


Written by

トルコ環境監査規則の新しい修正条項が、2021年6月12日に発効しました。

Cargo container ship

トルコ環境監査規則の新しい修正条項が、2021年6月12日に発効しました。

当クラブ特派員であるKalimbassieris Maritime SAは、 2021年7月1日付のサーキュラーに変更点をまとめ、以下の概要を掲載しています:

新しい展開として、2021年6月12日、31509と番号づけられた環境監査規則(以下「規則」)が官報に掲載され、同日発効しました。環境、特に海洋保護に関する管理を強化するために、この規則にはさまざまな新しい規定が導入されています。船主にとって最も重要な展開は、船舶から発生する汚染を判断する際の汚染管理士官の義務が緩和されたことです。規則以前は、関連当局が罰金を科す場合、サンプルや写真/動画に基づいて行われることしばしばありました。これらの罰金に異議が申し立てられた場合、トルコの裁判所は、写真および/または動画は事実の判断に使用される証拠の一部に過ぎないと考える傾向があり、サンプリングと分析の方法に瑕疵があったと主張することで、罰金に対する異議申し立てを成功させる余地がありました。今回の規則では、海洋汚染管理士官が写真、動画、航空写真、IR/UVスキャナーまたはその他の技術的な装置を使って汚染者、汚染地域、汚染物質を明確に示すことができれば、サンプル採取の必要性がなくなりました。規則では、汚染物質と汚染者が視覚的なツールで確認できない場合に限って、サンプル採取、収集、分析の手順の必要性を留保しています。実務でこの姿勢がどのように変化するかはまだわかりません。しかし、一見したところ、規則は、裁判所が視覚的な証拠をより重視するのではないかという第一印象を与えますが、これはまだ解釈の余地がのこっており、不明瞭です。

 ご参考までに、Kalimbassieris Maritimeのサーキュラーを添付しました。

カテゴリー: Pollution

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.