ニュース:中国の寧波舟山港での業務停止に伴う混乱

News & Insights 16 August 2021

This article is also available in other languages:


Written by

世界で3番目に取扱量の多いコンテナ港である中国の寧波舟山港で、従業員1人がコロナウイルスに感染したのを受けて部分閉鎖したとの発表がありました。

Man standing in front of containers

世界で3番目に取扱量の多いコンテナ港である中国の寧波舟山港で、従業員1人がコロナウイルスに感染したのを受けて部分閉鎖したとの発表がありました。寧波舟山港内の梅山ターミナルでは、水曜日に全てのコンテナ取扱業務が停止され、遅延や混乱が生じています。一部の船舶に対しては、他港への迂回指示も出ている模様です。

スタンダードクラブは、以下の最新情報を報告していただいた現地特派員、Huatai Insurance Agency & Consultant Serviceの寧波オフィスに感謝の意を表します。

現地当局より発表があった通り、中国東部の浙江省にある寧波舟山港に勤務する34歳の作業員が新型コロナウイルスに感染していることが水曜日に分かりました(2021811日)。詳しい報告ニュースはChina Dailyから発表されており、下のリンクからご覧いただけます。

https://www.chinadaily.com.cn/a/202108/11/WS611354c2a310efa1bd668267.html

注意点:報告書内の最初の文章内で、感染した作業員は舟山港勤務との記載がありますが、これは寧波港の誤りであると思われます)

同日、寧波における主要コンテナ港である梅山港エリアでは、消毒のために作業停止命令が出たとの報告も入っています。消毒完了予定がいつになるかに対する公式通知はまだ発表されていません。

さらに、寧波舟山港は、鎮海、北侖、穿山、梅山、大榭などを含む19の港区から構成されています。梅山港区以外の各港区では、通常通り業務が行われています。独自のルートから入手した情報では、当記事の執筆時点では、寧波舟山港における船舶の作業に際して、地元当局からより厳格な感染拡大防止措置政策は発表されていないとのことです。

以上の観点を踏まえて、寧波舟山港の梅山港区へ入港予定の船舶は、現地エージェントと密に連絡を取りながら港の状況を確認するようにしてください。寧波舟山港における最新状況は、引き続きこちらでもお伝えしていきます。

上記の最新情報が、関係者の方にとって助けとなれれば幸いです。何か質問等ございましたら、遠慮なくご連絡ください。

メンバーの皆様におかれましては、寧波の港や係留施設に立ち寄る際には、現地エージェントやクラブの現地特派員に連絡をして詳細情報を取得するようにしてください。

カテゴリー: COVID-19

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.