ニュース:MPAが乗組員交代環境を強化

News & Insights 9 July 2021

This article is also available in other languages:


Written by

シンガポール海事港湾局(MPA)は、シンガポール港における貨物船の乗組員交代の強化に関する2021年のPort Marine Circular(PMC)No.30を発行しました。

Asian ship crew on radio

シンガポール海事港湾局(MPA)は、シンガポール港における貨物船の乗組員交代の強化に関する2021年のPort Marine Circular(PMC)No.30を発行しました。

PMC30は、2021年のPMC14を代替するものです。 


基本的には、強化された点は以下になります:

  • 雇用契約を結んだ乗組員に要求される乗組員の出身国/地域での  Stay-Home Notice (SHN) の期間が、21日間から14日間に変更されました
  • 雇用契約を結んだ乗組員がPCR検査の陰性結果を取得する期間が、出発前72時間以内から48時間以内に変更されました
  • 新規要件: 追加の要件として、雇用契約を結んだ乗組員は、旅行に適した健康状態であることが証明されており、シンガポールへの出発の24時間前までに抗原迅速検査(ART) の結果が 陰性であることが出身国 の医師によって証明されることが必要になります。


この要件は、2021年7月26日以降 に出身国/地域を出発する乗組員に適用されます。

ATRの結果が陽性だった場合、乗組員は別のPCR検査を受け、新型コロナウイルスに感染しているかどうかを確認しなくてはなりません。

認可されたART検査キットの最新一覧は、シンガポール保健省のウエブサイトでご確認ください。

この要件強化の詳細については、2021年PMCNo.30をご覧ください。

Categories: Loss Prevention

You are currently offline. Some pages or content may fail to load.